「繭の色の音楽会」 Stringraphy Live Performance

9月8日(土)September 7, 2018 (Sat.)

今年初めての「繭の色の音楽会」2日目。

静岡からコンサートを聴きに来てくださった方が、参加コーナーに登場。身体をしなやかに使ったリズミカルな演奏を披露してくださいました。

プロジェクト名:「繭の色の音楽会」
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、鈴木モモ、蓮見郁子、田実峰子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:15:00 – 16:20
観客:18名

広告

「繭の色の音楽会」 Stringraphy Live Performance

9月7日(金)September 7, 2018 (Fri.)
Stringraphy Live Performance in September!!
今年初めての「繭の色の音楽会」をおこないました。作曲家の山本和智氏はじめ、多くのクリエイティヴなお客様にストリングラフィを聴いていただく機会となりました。

「繭の色」シリーズの中から「紫苑」「茜」を演奏しました。

本日の参加コーナーは、カナダのモントリオールから日本旅行中の方。リアクション豊かで会場を沸かせました。

Charisu Bai from Inner Mongolia Autonomous Region (China) visited “Stringraphy Live Performance in 2018”. He is a graduate student at the Shizuoka University who are interested in Stringraphy as an ethnic musical instrument.

内モンゴル出身の留学生チャリスさん(静岡大学大学院在籍)が「繭の色の音楽会」を聴きに来てくださいました。
チャリスさんとの出会いは7/21に静岡科学館る・く・る(主催:静岡音楽館AOI)
で行われた「糸の森の音楽会」。チャリスさんは、この時初めて鑑賞したストリ
ングラフィに興味を持ってくださいました。
今日はモンゴルの伝統楽器「トプショール」持参。コンサート後にチラッと一緒に音を出してミニセッションを楽しみました。
このように、若い世代の音楽家&研究者がストリングラフィに興味を持ってくだ
さるのは、本当に幸せなことです。

プロジェクト名:「繭の色の音楽会」
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、鈴木モモ、蓮見郁子、田実峰子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:19:30 – 20:50
観客:39名

美音ちゃんプレゼン「ミャンマーの音楽教育支援とストリングラフィ」

8月20日  August 20, 2018(Mon.)
ストリングラフィのレッスンに訪れたMionちゃん。高校2年の夏休みに受講したFASID「一般社団法人 国際開発機構」http://www.fasid.or.jp/home/主催、国際開発プログラムで見事「個人プレゼンテーション」の部優秀賞を獲得しました!(最終的にプログラムを修了したのは49名、そのうち受賞者は最優秀賞1名、優秀賞5名、審査員特別賞1名の計7名。修了するだけでも大変価値のあるプログラムだそうです。)
Mionちゃんの選んだテーマは「ミャンマーの音楽教育支援とストリングラフィ」。ミャンマーでは公的な音楽教育がスタートしてまだ1年、ミャンマーの伝統楽器も長く続いた政治的混乱の中で手に入りにくい物となっているそうです。ストリングラフィを用いて身近な素材で音楽を学び、その発展形に民族楽器や音楽を位置づけるという内容で発表したそうです。
現代の若者ならではの視点、すばらしいですね!!

スタジオに高校生集結

8月13日(月) August 13, 2018 (Fri.)
Three high school students got together at the Studio EVE today.今日はスタジオに3名の高校生の皆さんが集まりました。

Mion chan is leaning the Stringraphy since last year.
Two boys have just arrived from KUMAMOTO. (Students of the National Institute of Technology, Kumamoto College) They took a ferry from Kumamoto to OSAKA, then rode bicycle from Osaka to Tokyo!ストリングラフィのレッスンをしている千葉県のMionちゃん、熊本からやってきた30年来の友人の息子、Yuzenくんと親友のしんちゃん。お二人は熊本高専の同級生だそう。なんと、熊本からフェリーで大阪へ来て、大阪東京間を自転車で走り抜けてきたんだとか!

ストリングラフィ初体験の熊本チームに、Mionちゃん&KIKU&水嶋チームが演奏を披露。(「春」「カノン」「大きな古時計」)Mionちゃん人前でストリングラフィを演奏するのは初めてながら、堂々とした表現でした!

「糸の森の音楽会」

7月27日(金)
ママに抱っこされた赤ちゃん(今日がコンサートデビュー!の赤ちゃんも)のほかに、1歳から3歳の子どもたちと小学生のお姉ちゃんも参加。

演奏中はとてもパワフルに声をあげたり身体を動かしたりして楽しんでくれました。
夏の季節にふさわしい「南の島のハメハメハ」「海」なども演奏。
波の音まで聞こえて来て、常夏の島の気分で楽しんでいただけたようです。

コンサート終了後の参加コーナも全員参加してとても熱心に小鳥の鳴き声を演奏してくれました。

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:鈴木モモ、蓮見郁子、田実峰子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:11:00 – 12:00
観客:おとな6名 こども6名