山口直彦先生がネット配信授業でストリングラフィを取り上げてくださいました!

4月11日(土)
山口直彦先生(東京国際工科専門職大学工科学部情報工学科助手)がネット配信授業「好奇心と科学の眼鏡」(新入生オリエンテーションの一環)の中で、「ストリングラフィ」を取り上げてくださいました!山口先生の御厚意により授業の一部を公開!↓
「好奇心と科学の眼鏡」
大学は西新宿、スタジオは代田橋と京王線に乗れば10分の至近距離!コロナウィルスの影響が収束したらお互いに行き来して、「音」と「振動」の世界をデジタルとアナログの両面から研究していきたいと思っています。若いジェネレーションの研究者や学生さんとの出会いも楽しみです!

山口さんとは彼が工学院大学の学生だった頃からの長いお付き合いとなります。卒論で「ストリングラフィ」(「ストリングラフィの音響解析」)を取り上げていただいたことがきっかけです。結果的に「ストリングラフィ」に関する科学論文第一号となりました。
山口先生が在籍される東京国際工科専門職大学は、日本初の「AI・IoT・ロボット」「ゲーム・CG」に特化した「専門職大学」で、2020年4月開学に開学しました。「専門職大学」とは国が55年ぶりに新しい大学制度として認定したもので、多様化する国際社会において活躍できる人材を育成するため、従来の大学制度にはない「職業と直結した実践的な教育環境」が大きな特徴となっています。

オリジナル新曲「光の記憶〜影」

3月25日(水)

予定されていたコンサートが延期になり、ぽっかりと空いたスケジュール。オリジナルの新曲に取り組むことにしました。「光の記憶〜影」。
タンゴとバロックが混じりあった陰影のある曲調。低音域で奏でる主旋律が印象的な曲→下半身に効く🦘
特に譜読みの段階では繰り返し同じパートを練習するので、
スクワット効果抜群⭕️
余裕があるのはルル🐥だけ・・・(遊園地の乗り物みたいで楽しいピョ🐥)
次回の「繭の色の演奏会」で初演の予定です🌺

ストリングラフィ奏者、美音ちゃん2020デビュー❕

3月25日(水)
先日放映された「沼にハマって聞いてみた」でデビューした、美音ちゃん。大学入学も決まり、ストリングラフィ・アンサンブルの新メンバーとなりました。大学入試の研究テーマに「ストリングラフィ」をチョイス。教育のフィールドでストリングラフィを応用していく考えを論文にまとめ、見事希望校入試を突破🌸

現在はストリングラフィ奏者として、スキルと表現力を磨いています❕

レッスンの後にケーキを用意してささやかにお祝い🌸
高校の卒業式は縮小、筑波大学の入学式はキャンセルという異例づくめの春ですが、希望は無限大に膨らみます❣️✨❣️

🐥ルルちゃんは見た🐥🌺3.11メモリアル「A song for Japan」の日🌺

3月25日(水)
🐥ルルちゃんは見た🐥

🐤それは稽古後ゲストのいないひっそりとしたスタジオで行われました🐤
🌺3.11メモリアル「A song for Japan」の日🌺
毎年3月になるとワークショップチームが「A song for Japan」を演奏することにしています。東日本大震災の翌年から始め今では恒例となりました。「A song for Japan」はベルギーのトロンボーン奏者フェルヘルスト氏が作った鎮魂歌です。
作曲者の意向で著作権フリーとされ、世界中のいろいろなジャンルのミュージシャンがプロアマ問わず演奏し、音楽を通して震災及び原発事故について繰り返し考え、被災者の皆様に思いを寄せる機会となっています。
ワークショップのメンバーの1人、スズブンさんのご実家がいわき市と言うこともあり、毎年3月が近づいてくると、この曲を練習しながらいろんなことを語り合います。
コロナウィルスの拡大が続く今の状況は、福島原発爆発後の社会に重なる部分があります。いわき(福島)に実際に暮らす方のお話を伺うと、震災に原発さらに台風の被害も加わり今度はコロナと、ストレスを癒す暇もない状況だそうです。
改めて目の前のコロナウィルスで頭がいっぱいになり、震災や原発について認識が薄くなっていた自分に反省しました。

「沼にハマってきいてみた」激レア楽器オーケストラのアレンジについて

3月3日(火)
先日放送された「沼にハマってきいてみた」での激レア楽器オーケストラによる演奏。りんごちゃん、テルミン、ジャンベ、ストリングラフィさらに女優の桜井日奈子さんがストリングラフィでメインテーマを演奏するという条件で、アレンジを担当させていただきました。ユニークな楽器の良さを引き出し、かつ個性がぶつかり合って素晴らしさを打ち消さないように、なかなか楽しい作業でした!
『星に願いを』テルミンの歌心を生かしたソロで始まり、降り注ぐ星の瞬きをイメージして、ストリングラフィ高音域(物理的に高いところに張ってある弦を奏します)のトレモロのハーモニーと、夜露のしずくをイメージしたストリングラフィ低音域のピッチカートのコードが寄り添います・・・
という具合に想像力が広がって止まらなくなりましたっ!
どれも見て面白いパフォーマンス性の高い楽器なので曲調と弾いている姿を重ね合わせて考えます。

『フォルテシモ ff』ではりんごちゃんのキーに合わせて、ストリングラフィの伴奏部分も移調。ピアノに例えると黒鍵に当たる部分がそろっていないストリングラフィでは、弾きやすい調とそうでない調があり、ほかの楽器やボーカルとコラボするとき工夫が必要です。