神奈川県大和市立文ヶ岡(ふみがおか)小学校 芸術鑑賞会  School Concert at Fumigaoka Elementary School (Kanagawa)

6月19日(月)June 19 2017 (Mon.)

Beautifully colored hydrangeas by the school gate greet and welcome visitors.
美しく色付いた紫陽花が出迎えてくれます。

Frogs, umbrellas, a pair of TeruTeru-Bozu (a paper doll to which Japanese children pray for fine weather) and a rainbow!
Rainy season features in Japan.
They remind me of songs about “Rain”, “Snail” and “TeruTeru-Bozu”.
They have been passed down from generation to generation by word of mouth.
カエル、雨傘、テルテル坊主の間には虹が架かっています。梅雨の風物詩を眺めていると、「うた」を口ずさみたくなりますね。「あめふり」「かたつむり」「てるてる坊主」・・・こども時代に口伝えで覚えたうたは、身体の一部になっています。

We first place the cups brought from the studio in order. We have changed silk strings and rewind them.
セッティング開始!まずスタジオでコンディションを整えたストリングラフィを広げます。

You can put the whole soprano Stringraphy set, 23 strings in the black tube on the floor.
We utilize the tube as an instant microphone stand!
床に立っている2本の黒い筒。ストリングラフィが入っていたんですよ。巻き取るとソプラノセット(23本)がすっぽりこの中に納まります!楽器を取り出した後は、即席のトーク用マイクスタンドに活用。

We found a huge wood carving on the wall of the gymnasium. It is the school emblem made by 6 grade students graduated in 1980.
校章。「文ヶ丘」の「文」の字をデザインしたもの。6年生が卒業記で制作した木彫作品。

Look at the clock! It’s 6 to 9 in the morning. Today’s concert starts at 11 o’clock.
右手奥の時計に注目!セッティング完了時刻、午前9時前です。今日のコンサートは11階氏。スクールコンサートは朝が早い!

Today’s backstage is the home economics room.
今日の楽屋。家庭科室です。水場があるので使い勝手が良いです。


We’ve all set. We can’t wait to see the children!
奥の扉から、今日はどんな子供たちがやってくるのかな?

プロジェクト名:芸術鑑賞会
主催: 神奈川県大和市立文ヶ岡小学校
エージェント:重本音楽事務所
出演者:水嶋一江、篠原もこと、田實峰子
制作:八重樫みどり
会場:文ヶ岡小学校体育館
時間:11:00 –12:00
観客:全校生徒421名 先生方

カテゴリー: English, 学校公演 | コメントをどうぞ

東京都小平市立小平第四小学校 音楽鑑賞会  School Concert at Kodaira-dai-4 Elementary School (Tokyo)

6月16日(金)June 16 2017 (Fri.)

We had two concerts at Kodaira Dai – 4 Elementary School today.
小平第四小学校でスクールコンサートを行いました。。


A greenway along the stream called “Tamagawa Josui” leads you to the Elementary School. Mixed forest has been preserved here in Kodaira City. We enjoyed walking through the fresh green woods on the way go to the school. You can find a variety of broad leaved deciduous trees. If you strain your ears, you will find that you are surrounded by rich natural sounds. Here is a tapestry of sounds which we have been trying to create by the Stringraphy!
「一橋学園」駅から玉川上水沿いの緑道に導かれて第四小学校へ。武蔵野の雑木林、上を見上げると青いクルミの実(と思われる by 水嶋)がなっています。鳥の鳴き声、小川のせせらぎ、風のそよぐ音・・・ストリングラフィで表現している日本の音風景です。

The oak trees are the symbol of the “Kodaira Dai – 4 Elementary School”.
“Narami” is a mascot of the school.
ナラの実=ナラミーは学校のマスコット。

We found Colorful hydrangea by the “Narami” room next to the gymnasium.
ナラミールームと紫陽花。

The emblem of the school is also composed of ancones and oak leaves.
ナラの葉っぱとどんぐりは校章にもあしらわれています。

We found student’s Origami Work. Hydrangea is a popular Origami flower folding.
校庭や玉川上水緑道で色付く紫陽花。こんな身近な自然をテーマにした工作が廊下を彩っていました。

When you open the Blue-green door, you will find the gymnasium different than usual!
昨年60周年を迎えた小平第四小学校の体育館。扉の青緑色がテーマカラー?さわやかな印象です。

The school gymnasium has transformed into giant string harp!
小学校の体育館が弦楽器に変貌。毎回どんな響きが生まれるのか、ワクワクしながらセッティングしています。
ベース担当のいっちゃん。

アルトのモモちゃん。

今回は制作担当のベースプレーヤー、ネコちゃん

”It’s done!”
「張り終わりました。」 by 今日、6/16が誕生日のモモ

I always wonder how the Stringraphy looks like from the students sitting on the floor.
It probably loos like the constellations…
床に座って見ている子供たちには、ストリングラフィ、どんな風に映っているのでしょうか?
「星座みたい?!」

You probably feel like sitting inside of a giant KOTO, Japanese zither.
「それとも巨大なお琴?!」

校歌の作曲は諸井三郎先生ではないですか!さすが60年の歴史を誇る小学校。歌詞には楢の実をはじめとする武蔵野の自然が歌い込まれています。

プロジェクト名:音楽鑑賞会  School Concert
主催: 東京都小平市立小平第四小学校
エージェント:重本音楽事務所
出演者:水嶋一江、鈴木モモ、蓮見郁子
制作:田實峰子
会場:小平第四小学校体育館
時間:①11:00 –11 :50 ②13:30 –14 :30
観客:①低学年生約245名 職員 保護者2名 ②高学年生約245名 職員 保護者数名

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

和洋女子大学のHP&FBに紹介されました!

6月15日(木)

「教育振興支援助成プログラム」で和洋女子大学の駒久美子先生と学生さんが、「星山麻木先生+水嶋一江 コラボレーション」に参加。その様子ga
和洋女子大学の公式ホームページFBに掲載されました。素敵なレポート、こんな反響をいただくと,また次回につなげていこうと、意欲がわきますね!
駒久美子先生ありがとうございました。

カテゴリー: コラボレーション, スタジオでの活動, メディア出演, 講演&レクチャー | コメントをどうぞ

株式会社マルシバ訪問

6月8日(木)
株式会社マルシバ社長木下氏を訪問。、“貞明皇后蚕糸記念科学技術研究助成”をいただいている研究、「国産シルクによる弦楽器(ストリングラフィ)用絹撚糸の開発」のご報告を行いました。(11:00)

カテゴリー: 研究・国産シルク弦など | コメントをどうぞ

蚕糸科学研究所でキックオフミーティング

6月7日(水)
蚕糸科学研究所で、“貞明皇后蚕糸記念科学技術研究助成”をいただいている研究、「国産シルクによる弦楽器(ストリングラフィ)用絹撚糸の開発」キックオフミーティング。(15:00-17:00)
清水重人所長、東北撚糸社長金井氏、八重樫みどり、KIKU、水嶋一江が参加。
今後のスケジュールを話し合いました。

カテゴリー: 研究・国産シルク弦など | コメントをどうぞ

千葉県松戸市立稔台小学校 音楽鑑賞会 School Concert at Minori-dai Elementary School (Chiba)

6月6日(火)June 16 2017 (Tues.)

We had two concerts at Minori-dai Elementary School in Chiba today.
今日は千葉県稔台小学校でスクールコンサート

Children always astonished to hear that we have been using the same paper cups for more than 10 years. It improves the sound quality the more we use it as an instrument.

早朝、準備をしていると「大きな古時計」の歌声が別棟の教室から聞こえてきます。「今月の歌」として全校生徒が歌っているそうです。コンサート中に、ストリングラフィでこの曲を演奏すると、時計の音やねじの泊まる音など、歌詞のストーリーを思い浮かべながらイマジネーション豊かに聴いてくださっていることが伝わってきました。

MOMO, The Stringraphy player is setting up her instrument. It only takes one hour for putting strings and another one hour for rehearsal. We need at least 60 minutes after stretching the strings to let them acclimate to the environment of the performing space.
Humidity affects the tuning.

仕込み中。よく「こんなに糸を張るのは大変でしょう?」といっていただきますが、楽器設置にかかる時間は<糸張り1時間>+<リハーサル1時間>といったところ。リハの1時間には楽器がその場の空気(湿度など)になじみ、音程が安定するために必要な1時間といった側面もあります。

“Learn about Sounds of Science”
A paper cup functions as a speaker.
His face is so expressive!

紙コップをから飛び出す大きな音にびっくり!
表情豊かですてきな子供たちでした。

1時間の公演の最後に、ストリングラフィの紙コップ、どれも10年以上使い続けているという“秘密”を話すと、子供たちはびっくり仰天。4年生以下の子供たちは生まれる前から使われている紙コップなんて見たことないですよね。コップは演奏するほど熟成され素敵な音になるんです。このメカニズムをエイジングというそうですよ。

稔台小学校は今度の6月10日で53周年を迎えるそうです。木材を用いた体育館も使えば使うほど、まろやかな音が響くようになるのではないでしょうか?半世紀をかけて熟成された空間に、ストリングラフィの音色がやさしいく響きました。

プロジェクト名:
主催: 千葉県松戸市立稔台小学校
エージェント:重本音楽事務所
出演者:水嶋一江、KIKU、鈴木モモ
制作:田實峰子
会場:稔台小学校体育館
時間:①11:00 –11 :50 ②13:30 –14 :30
観客:①低学年生約361名 先生方 ②高学年生約362名 先生方

カテゴリー: English, 学校公演 | コメントをどうぞ

I-Media Productions in Sydney is making a program about Tokyo. Stringraphy will show up in it!  シドニーのデジタル映像制作会社の取材がありました!

5月31日(水)May 31, 2017 (Wed.)

I-Media Productions, a digital agency & film production company based in Sydney visited us. They are making a program which introduces interesting spots in Tokyo. They picked up “Studio EVE” from the TripAdvisor!

“I-Media”というシドニーのデジタル映像制作会社の取材を受けました。東京を紹介する番組を製作中で、ストリングラフィもトピックの1つに加えたいとのこと。なんとトリップアドバイザーを見て、ビジターのコメントが素晴らしいので興味を持ったそうです!旅行サイトからこんな広がりがあるのですね。


取材の途中、演奏者ネコちゃんの長女ITOちゃんが見学にやってきました。何をやっているのか興味津々です。スタジオには各国からゲストが訪れます。そのうちITOちゃんも英語であいさつしてくれるんじゃないかと、メンバーで見守っています。

I-Media Productions

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:鈴木モモ、蓮見郁子、田実峰子、水嶋一江
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:①11:00 – 12:00 ②14:00 – 15:00

カテゴリー: スタジオでの活動, メディア出演, English | コメントをどうぞ