「沼にハマってきいてみた」リハーサル テルミン&ジャンベチーム&ストリングラフィ・アンサンブル

2月16日(日)
「沼にハマってきいてみた」NHK Eテレ 3月2日(月) 18時55分〜19時25分生放送! にストリングラフィが登場します!

今日はスタジオ・イヴ・スタジオでリハーサル!(13:00-15:00)

テルミンを演奏している国立音楽大学作曲科4年生小畑有史さん

ジャンベを演奏している多摩美術大学のチームなどが集まりました。

「激レア楽器オーケストラ!」演目は『星に願いを(テルミンソロ)』→『フォルテッシモff(リンゴちゃんボーカル)』→『It’s a Small World』(ストリングラフィ・アンサンブル+桜井日奈子&ジャンベチーム&テルミン&リンゴちゃん)
2分+αにアレンジしました!

なかなかイケますよ!!

記念撮影。

鈴木モモが球日のジャンベチームの皆さんにストリングラフィを手ほどき。

放映予定は、3月2日(月) NHK Eテレ 18時55分〜19時25分生放送!
ちなみにお題は「激レア楽器の沼」!

テルミンを演奏している作曲科の音大生、ジャンベを演奏している美大生のチームなどが集まりました。

繭の色の演奏会 Vol.39

12月7日(土)
今年最後の「繭の色の音楽会」。

一昨年、昨年と病気や親の死、介護とプライベートで大きな出来事が続きました。改めてストリングラフィを愛するメンバーと演奏することができる幸せ、それを聴きに来てくださるお客様と心身ともにサポートし続けてくれたスタジオスタッフや友人への感謝を噛み締めつつプログラムを進行しました。

「繭の色の音楽会」海外からのお客様もコンスタントにいらっしゃるようになりました。

明星大学で教育の勉強をしていた学生時代に出会ったアヤノちゃんとゲンキくん、今では教員として希望の分野で若い力を発揮しています。聴きに来てくれて嬉しいです!

中学&高校時代の友人と。皆さんには病気や親の死や介護、大変な時にいつも支えていただいてます!同年代の友人とは体験を共有できることも多く、頼りになりますね。

プロジェクト名:繭の色の演奏会 Vol.39
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江・KIKU・田實峰子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:① 15:00 – 16:20 ② 19:00 – 20:20
観客:① 11名 ② 12名

「糸の森の音楽会」

1月25日(土)
今年最初の「糸の森の音楽会」

松原小学校の同級生、和子さんがお嬢さんと初孫を連れて参加してくださいました!8か月の「Iちゃん」、今日がコンサートデビューでしたが、身体全体で音楽大好き!を表現。「森のくまさん」「ぞうさん」といった童謡では絶妙なタイミングで「あ゛~っ!」と「喜びの合いの手」を入れ、みんなを笑顔にしてくれました。小さな子供たちは、リズミカルな曲でぴょんぴょんしたり、楽しくなると声を出したり、演奏者も弾きながらどんどん笑顔になってしまいます。

午後の会には「発達しょうがいを持つ小学生のための支援スクール」のみなさんが、スタッフのメンバーといらっしゃいました。同じコンサートに3組の赤ちゃん&幼児ファミリーも参加しました。子供たちはみんな音楽大好き。オープンニング曲「小さな世界」が気に入り、「ジャン!」と演奏が終わってからもソロで歌い続けたり、思い思いのスタイルで音楽を楽しんでくれます。「パプリカ」は全員でダンスを踊ったことがあるそうで、今日も数人の小学生が、前に出てかっこよく決めてくれました。一方赤ちゃんファミリーたちは、お兄さんお姉さんの歌や踊りを自然に受け止め、嬉しくなって手拍子で参加してくれた1歳8か月の女の子の笑顔、サイコーでした!

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、鈴木モモ、田実峰子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:①11:00 – 12:00 ②14:00 – 15:00
観客:①おとな8名 こども3名 ②おとな7名 こども11名(発達しょうがいを持つ小学生支援スクール含む)

盛岡広域フィルムコミッションの多田さんがスタジオ訪問!

1月23日(金)
盛岡広域フィルムコミッション(映画・テレビ等の映像制作に関する各種サービスを提供)の多田研三氏がスタジオを訪問してくださいました!盛岡でロケを行った映画「影裏(えいり)」(主演:綾野剛松田龍平、監督:大友啓史)の宣伝などで東京へいらしたそうです。オフィシャルサイトと予告編を拝見しましたが綾野剛&松田龍平が人間の暗部を抉り出し最高にかっこいい!2月14日封切だそうです。必見!
ストリングラフィは2月に釜石ツアーを控えています。「被災地における心のケアのための文化芸術プログラム」(主催:NPOども文化ステーション、2004年から4回にわたって継続実施され、今回は5回目のツアー)岩手県の皆様との再会を楽しみにしています!
20142015 20162018
ところで多田さんとストリングラフィには長~い歴史があります。出会いは、2001年11月に遡ります。岩手県立美術館の開館記念イベントとしてストリングラフィのパフォーマンス&ワークショップが行われ、音響&照明を担当してくださった㈱アクトディバイスの社員だった多田さんと巡り会いました。ストリングラフィにほれ込んだ多田さんのプロデュースで、その後数年間にわたって県内の各小学校を対象としたコンサートを企画していただきました。ストリングラフィのプロデューサー、八重樫みどりの郷里が岩手県ということもあり、深いご縁を感じます。
2001年の岩手県立美術館のコンサートではもう一つ重要な出会いがありました!現在の主要メンバー「ネコちゃん」(当時弘前大学教育学部音楽教育講座3年生)が担当教授の今田匡彦先生(私の旧友です!)に勧められ、観に来ていたのです。オリジナル曲「天蓋の踊り」などに感銘を受け、卒業したら東京へ行ってストリングラフィ奏者になろう!と決意したそうです。次の年、新卒で明大前にやってきて、駅前のドトールでバイトをしながら研鑽を積み、今やソプラノ&ベースを担当するエースに成長しました。

第19回ストリングラフィ・コンクール The Stringraphy Competition

1月17日(金)
My old friend who is a stage designer sent me a wonderful video clip✨❄️✨
今日は友人の福ちゃんから素敵なビデオのプレゼントがありました✨ 青梅のボーイスカウト・カブスカウトのクリスマス会でストリングラフィの演奏コンテストを企画してくださったのです🏆🥇👏
She is a board member of the Boy Scout in Ome area in Tokyo. They held a competition of “Stringraphy Ensemble” at the last Christmas party.
The “Ome team” whose leader is my friend won the Grande prix‼️🏆🥇They played “Frozen “)❄️☃️ I assume that it was the first “Stringraphy competition” in the world .🌎👏
1992年にストリングラフィを考案して以来テクニカルなサポートを仰いでいる舞台美術の大御所「田染と福島(フクちゃん)」さん。出会いは、演出家小池博さん率いる「パパ・タラフマラ」と言う劇団でした。 彼等はご夫婦でもあり、息子さん2人が所属されていたご縁で、昨年の初頭に「ボーイスカウト青梅2団カブスカウト大隊」の皆さんがスタジオを訪ねてストリングラフィの演奏とワークショップを楽しんでくださいました。 その経験を生かし、昨年のクリスマス会で、子供たちがストリングラフィの演奏にチャレンジしてくださったそうです👏✨
多摩西地区カブスカウト隊合同で8チームがきらきら星やクリスマスソングに挑戦👏👏👏👏👏👏👏👏
青梅、八王子、瑞穂、福生など、各チームがストリングラフィの演奏をコンクール形式で発表!
これは世界初の「ストリングラフィ・コンクール」かも⁉️ 青梅の皆さんは、「アナと雪の女王」の演奏で、見事優勝を勝ち取ったそうです。