神奈川県茅ヶ崎市立東海岸小学校

10月31日(ハロウィン!)
東海岸小学校へ伺ってまず目に飛び込んできたのがこちら!校歌の歌碑です。作詞者と作曲者にご注目ください!作詞が岩谷時子さん弾厚作(加山雄三さん)

加山雄三さんには、2014年にテレビ朝日放送「若大将のゆうゆう散歩」(明大前編)で、世田谷のスタジオへへお越しいただき、ストリングラフィをご紹介いただいたというご縁があります。

校歌の歌碑からも、同窓生と地元の方々が東海岸小学校へ寄せる愛情の深さと誇りの高さを感じました。保護者参加数、低学年100名弱、高学年約60名と、公立校としては異例の関心の高さです。親子で同じコンサート体験を共有するのは、家庭でのコミュニケーションや発展的な自由研究にもつながり、すばらしいことです。

低学年のみなさんは、のびのびとした雰囲気。曲に対する感想や説明に対する答えなど、自由にリアクションをしながらコンサートを楽しんでくださいました。パプリカはほぼ全員がダンス付きで歌い、大盛り上がり。

高学年の皆さんは洗練され、大人びた雰囲気。クラシックのレパートリーなどpからpppまで弱音のグラデーションを注意深く聴き取る高い集中力があります。演奏者が放った音と、感受性豊かな聴衆とのコミュニケーションを愉しみながら演奏できる、幸せなコンサートでした。

東海岸小学校の校庭には潮の香りが漂い、海岸も道路を隔ててすぐ近く。湘南の文化とテイストに満ちています。

公演を終え、東海岸小学校から茅ヶ崎駅へ向かう道すがら、思い思いのコスチュームで楽しそうに歩く子どもたちやファミリーに出会いました。今日はハロウィンですね!

プロジェクト名:芸術鑑賞教室
主催:神奈川県茅ヶ崎市立東海岸小学校
エージェント:重本音楽事務所
出演者:水嶋一江、KIKU、田實峰子
制作:八重樫みどり
会場:茅ヶ崎市立東海岸小学校体育館
時間:①11:00 –11 :50 ②13:50 –14 :50
観客:①低学年生約462名 保護者約90名 評議員約7名 教職員
②高学年生約463名 保護者約60名 教職員

神奈川県寒川町立旭小学校

10月30日
早朝相模線で寒川駅に向かう車窓の真正面に富士山が見えました。ちょっと得をした気分です。

低学年の皆さんは、全体的にリラックスしていて、ナチュラルなリアクションが子供らしくて楽しいです。
代表として「きらきら星」を演奏してくれたのは、エレクトーンを習っているという3年生男子。弾きながら、隣で糸を押さえて音程を操作するネコちゃんの動きへも、しっかり目配り。「楽器の仕組みについてもっと詳しく知りたいと思いました。」という感想に、音楽&サイエンス双方への関心の高さを感じられました。

高学年のコンサートでは、生徒さんが仕組みの説明をしている時などに自分の予想を口に出して発言したり、「へーやっぱりそうか」と言うような自発的で自由なリアクションが随所に見られました。好奇心が強く、本当に納得している、伝わっていると言う手応えが感じられました。
「サイエンスや理科の実験に興味のある人?」と聞いたら、大勢の子供たちがものすごく元気よく手が上げました。日本人のノーベル賞受賞者の話題でも反応がよかったです。

撤収後、明日の茅ケ崎公演のため、藤沢泊。

プロジェクト名:芸術鑑賞教室
主催:神奈川県寒川町立旭小学校
エージェント:重本音楽事務所
出演者:水嶋一江、KIKU、田實峰子
制作:鈴木モモ
会場:寒川町立旭小学校体育館
時間:①10:50 –11 :40 ②13:30 –14 :30
観客:①低学年生約360名 教職員 ②高学年生約357名 教職員

栃木県立茂木高等学校 芸術鑑賞教室 真岡鐡道で移動

10月18日(金)
栃木県立茂木高等学校へ向けて、真岡鐡道下館駅から茂木駅へ移動。始発駅から終点駅まで栃木の秋の風景を堪能しました。実は今日10月18日に茂木で「ツインリングもてぎ」というモータースポーツの祭典があり、茂木・真岡・益子、真岡鐡道沿線のホテルをとることができなかったのです!!まったく抜け落ちておりました・・・

栃木県立茂木(もてぎ)高等学校 芸術鑑賞教室

10月18日(金)
茂木高等学校は、今年創立98年を迎える、風格のある県立高校です。

情操教育にも力を入れており、吹奏楽部、美術部は県内外で受賞を重ねるなど、文化の薫り高い校風です。

今日は「森の中のモビリティテーマパーク ツインリンクもてぎ」で「日本グランプリ」が開催されています。
仕込み中、森の奥から響くモーター音が聞こえてきます。

高等学校でのコンサートでは、後半にストリングラフィのオリジナル曲を盛り込み、ストリングラフィならではの音楽表現を楽しんでいただいています。

終演後、音楽科の先生とお話ししたところ、以前「バンブーオーケストラ」で活躍されていたとのこと。手作りの楽器で古今東西の音楽&オリジナル曲を演奏するという点で深い共感を覚えました!

茂木高等学校のホームページにもコンサートの様子が紹介されています。是非ご連ください!

プロジェクト名:芸術鑑賞教室
主催:栃木県立茂木高等学校
エージェント:重本音楽事務所
出演者:水嶋一江、KIKU、田實峰子、蓮見郁子
制作:八重樫みどり
会場:茂木高等学校体育館
時間:13:30 –14 :30
観客:全校生徒 464名 保護者3名 教職員

<プログラム>
アイネクライネナハトムジーク
イエスタディ
大きな古時計ゲゲゲの鬼太郎
赤とんぼ
幸せなら手をたたこう
家路
春(ビバルディ)
山の音楽家(生徒さん参加)
恋(星野源)
ドレミの歌
キラキラ星(生徒さん参加)
花は咲く
(休憩)
森の記憶
Angel of Rain
紫苑(「繭の色」より)
風の記憶
紅(「繭の色」より)
天国と地獄
パレード
カノン(アンコール)

千葉県千葉市立土気(とけ)小学校 芸術鑑賞教室

10月17日(木)

ストリングラフィのスクールコンサートでは、ステージ上は生徒さんの参加コーナーとなります。今日の学校はどんなステージかなあ、そして必ず目に飛び込んでくるのが、「校章」です。それぞれの学校が、子どもたちへの願いを込めた「校章には、その学校の校風が凝縮されています。コンサートの前に意匠と意味を読むことが、一つの楽しみになっています。
<土気(とけ)小学校校章の由来>
「小」の字を6つの「土」の字が結び合って囲む形でできています。これは、「土気小学校に通う子供たちが、おたがいの団結と和の心を大切にしていこう」という意志を「土」の字を結んで輪にすることで表しています。また変形した「土」の字は、「緑と太陽の自然の中ですくすくと伸びる若い木」を意味しています。土気小学校の子供たちがそのように育ってほしいと願いが表されています。

何といっても気がかりなのは、このどんよりとした空模様。今日も湿度が高そう⇒チューニングが狂いやすい、です。

終演後の生徒代表の方の感想:「パプリカが一番好きでした。これまでは楽しく明るい曲だと思っていましたが、ストリングラフィで聴くと、楽しく明るく美しい曲でした。」素敵な感想に、ワクワクしましたよ!

小学校の体育館って、器具などがカラフルで機能的で、なかなかおしゃれです。歴代の卒業生の皆さんの作品が掲げてあったりと、その学校の歴史や校風が伝わってきます。

これは「器具」ではなく、「KIKU」がプログラム後半でストリングラフィの音楽に乗ってみんなと身体を動かす「ストリンビクス」の必需品!

入り口の掲示板には生徒さん作の季節のウィンドーデコレーションが!ハロウィン、年々盛り上がり、子供たちの間でもすっかり定着しましたね。

ステキなお花をいただきました!イエローとオレンジ、元気が出ます!ありがとうございました。

プロジェクト名:芸術鑑賞教室
主催:千葉県千葉市立土気(とけ)小学校
エージェント:重本音楽事務所
出演者:水嶋一江、KIKU、田實峰子
制作:八重樫みどり
会場:千葉市立土気小学校体育館
時間:11:00 –12 :00
観客全校生徒約386名 保護者12名 教職員