東京都立光明学園 芸術鑑賞会

6月28日(火)July 28, 2018 (Thurs.)

東京都立光明学園の皆さんとのお付き合いは長く、2009年に音楽鑑賞会で伺って以来数年ごとにストリングラフィ・コンサートとお楽しみいただいています。今回は1~3年生の生徒さんがバスに乗ってスタジオを訪ねてくださいました。
糸電話で本当に音が伝わるかの実験、「キラキラ星」の演奏体験、「山の音楽家」に合わせて鳥のさえずり声を全員で演奏体験など、音楽を聴くだけではなく、実体験を交えての約1時間にコンサートでした。生徒の皆さん、教職員&付き添いの皆さんストリングラフィの楽器とその表現に、とても興味を持ってくださいました。

プロジェクト名:芸術鑑賞会
主催:東京都立光明学園
http://www.komeigakuen-sh.metro.tokyo.jp/site/zen/
エージェント:重本音楽事務所
出演者:KIKU・鈴木モモ・田實峰子・蓮見郁子
制作:八重樫みどり
会場:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:10:15 –11 :10
観客:1 – 3年生 6名、教職員5人、保護者2人、学生2人

広告

埼玉県越谷市立大相模小学校  音楽鑑賞会

6月27日(水)June 27, 2018 (Wed.)
大相模小学校での鑑賞会、司会進行&最初と最後の挨拶を生徒さんが担当され印象的なコンサートとなりました。

梅雨後半の蒸し暑い一日。温度&湿度調節のため体育館の扉をあけ放つと強い風が吹き込んできました。暑さの中、お昼前のコンサートでも集中を途切らせることなく聴いてくださいました。

プロジェクト名:音楽鑑賞会
主催:埼玉県越谷市立大相模小学校
エージェント:重本音楽事務所
出演者:田實峰子、鈴木モモ、蓮見郁子制作:KIKU
会場:大相模体育館
時間:①9:30 –10:20 ②11:00 –11:50
観客:①1、3、5年生450名 職員14名 ②2、4、6年生、特別支援学級 362人 職員14名

工学院大学4年生中村さんがストリングラフィの音の採取に訪れました。

6月25日(月) June 25, 2018 (Mon.)
工学院大学4年生中村さんがストリングラフィの音の採取に訪れました。(17:00-19:00)

Kosuke, a senior student at Kogakuin University visited the studio to record Stringraphy sounds. He is going to write his graduation thesis on “Stringraphy”. He will compare the sounds of Stringraphy made of new paper cups and made of paper cups used as instruments for 22 years (as same age as Kosuke is!).
情報学部情報デザイン学科の管村昇教授のゼミの皆さんとストリングラフィをテーマにした共同研究、2009年から断続的に継続しています。今年のテーマは「新しい紙コップで製作したストリングラフィと長年使い続けた紙コップ製のストリングラフィの音質の違いを化学的な視点から解き明かそう」というものです。26年間の演奏活動の経験から、使い込んだ紙コップのほうが美しい音色だということを感じています。振動を与え続けると紙が変化するから?などなどその理由は推測の域を出ません。中村さんの研究結果に期待しています!

正則高等学校(東京都港区)の皆さんがスタジオを訪問してくださいました。Six students of the SEISOKU HIGH SCHOOL (Tokyo) visited the studio.

6月24日(日)June 24, 2018 (Sun.)
正則高等学校(東京都港区)3年生の皆さんがスタジオを訪問してくださいました。(17:00-18:00)秋の文化祭で「ストリングラフィ」の演奏をクラス全員で行うそうです。
Six students of the SEISOKU HIGH SCHOOL (Tokyo) visited the studio. They are interested in how to make the instrument and how to play it. Their class have decided to perform music by the Stringraphy at their School Festival in October.ストリングラフィはインターネットで見つけたということで、生演奏は今日が初体験。ストリングラフィは何もないところからオリジナリティとクリエイティビティは発揮して創り上げるところに醍醐味があります。正則高校のストリングラフィ、どんなアイデアが飛び出すのかとても楽しみです。