オープンリハーサル Open Rehearsal

5月25日(木)May 25, 2017 (Thurs.)

We had a call from the information counter at TOKYO station the day before yesterday.
Midori, the producer & manager of the Studio EVE was surprised, because she said that here is a person from Colombia who is asking if the Studio EVE has any concerts within a few days. We were scheduled to have a rehearsal this afternoon, so Midori told him that he can come.
We figured out that he is Juan, a Colombian engineer living in Huston traveling with Collin, a Malaysian medical scientist also lives in Huston.Collin said that she found us on the TripAdvisor.
Juan said that he used to play the piano and the Charango. The charango is a small Andean stringed instrument made of armadillo shell. I saw them in Peru and Bolivia when I traveled in Latin American countries. I was very interested in the instrument. I have created the Stringraphy utilizing silk strings and paper cups, because they are everyday material. Armadillos must be common animal in these areas. Am I right?

おととい、東京駅のインフォメーションセンターから電話がありました。「こちらにコロンビア人の方がいらして、ストリングラフィを見たいとおっしゃっているのですが・・・?」という問い合わせ。すごくびっくりしましたが、丁度彼らの滞在中にリハーサルがあったので来ていただくことにしました。TripAdvisorを見てストリングラフィを是非聴いてみたいと思われたそうです。
楽器の経験を尋ねると、コロンビア人(ヒューストン在住)のフアンは、ピアノと「チャランゴ」を以前弾いていたとか。「チャランゴ」はアルマジロの甲羅でできたアンデス地方の弦楽器です。ストリングラフィの糸が日本人の文化に根差した素材、「絹」でできているように、”チャランゴ”も身近な動物「アルマジロ」で作られたのですね。

プロジェクト名:オープンリハーサル
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、篠原もとこ、田實峰子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:14:00 – 15:00
観客: 2人(Colombia, Malaysia both living in U.S.)

広告
カテゴリー: English, Open Rehearsal パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中