工学院大学4年生中村さんがストリングラフィの音の採取に訪れました。

6月25日(月) June 25, 2018 (Mon.)
工学院大学4年生中村さんがストリングラフィの音の採取に訪れました。(17:00-19:00)

Kosuke, a senior student at Kogakuin University visited the studio to record Stringraphy sounds. He is going to write his graduation thesis on “Stringraphy”. He will compare the sounds of Stringraphy made of new paper cups and made of paper cups used as instruments for 22 years (as same age as Kosuke is!).
情報学部情報デザイン学科の管村昇教授のゼミの皆さんとストリングラフィをテーマにした共同研究、2009年から断続的に継続しています。今年のテーマは「新しい紙コップで製作したストリングラフィと長年使い続けた紙コップ製のストリングラフィの音質の違いを化学的な視点から解き明かそう」というものです。26年間の演奏活動の経験から、使い込んだ紙コップのほうが美しい音色だということを感じています。振動を与え続けると紙が変化するから?などなどその理由は推測の域を出ません。中村さんの研究結果に期待しています!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中