「繭の色の音楽会」 Stringraphy Live Performance

9月7日(金)September 7, 2018 (Fri.)
Stringraphy Live Performance in September!!
今年初めての「繭の色の音楽会」をおこないました。作曲家の山本和智氏はじめ、多くのクリエイティヴなお客様にストリングラフィを聴いていただく機会となりました。

「繭の色」シリーズの中から「紫苑」「茜」を演奏しました。

本日の参加コーナーは、カナダのモントリオールから日本旅行中の方。リアクション豊かで会場を沸かせました。

Charisu Bai from Inner Mongolia Autonomous Region (China) visited “Stringraphy Live Performance in 2018”. He is a graduate student at the Shizuoka University who are interested in Stringraphy as an ethnic musical instrument.

内モンゴル出身の留学生チャリスさん(静岡大学大学院在籍)が「繭の色の音楽会」を聴きに来てくださいました。
チャリスさんとの出会いは7/21に静岡科学館る・く・る(主催:静岡音楽館AOI)
で行われた「糸の森の音楽会」。チャリスさんは、この時初めて鑑賞したストリ
ングラフィに興味を持ってくださいました。
今日はモンゴルの伝統楽器「トプショール」持参。コンサート後にチラッと一緒に音を出してミニセッションを楽しみました。
このように、若い世代の音楽家&研究者がストリングラフィに興味を持ってくだ
さるのは、本当に幸せなことです。

プロジェクト名:「繭の色の音楽会」
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、鈴木モモ、蓮見郁子、田実峰子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:19:30 – 20:50
観客:39名

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中