Banda Abrasada Tokyo version(バンダアブラザーダ東京編)

8月11日(日)
静岡市在住、青木恵子(ボーカル)中心とするボサノヴァバンド「Banda Abrasada」の東京公演をスタジオ・イヴで行いました。(15:00~16:00)
青木恵子さんは2002年にストリングラフィ・アンサンブルがオーストラリア公演を行った際の、エージェントでした。23年間オーストラリア(シドニー&メルボルン)に拠点を置き、日豪のアーティストを世界各国に紹介する仕事に情熱を傾けていました。
5年前に帰国して、数年してからボサノヴァに目覚め、あっという間にライブを開くまでに大躍進!すばらしい!!
当日は30名近い観客で満員御礼に!
あつ~~い演奏が繰り広げられました。ストリングラフィは”Samba de Uma Nota So”(ワンノートサンバ)で参加しました。
その他、”Exaltacao a Mangueira” “Coracao Lecciano”ではサンバのリズムを教えていただきパーカッションパートで参加。”Trem das Onze””Mas Que Nada””Tristeza”では「ワンワン、ピヨピヨ、コケコッコー」と何でもありの楽しい効果音で闖入コラボ。

終演後は、飲み物&スナックで交流会。

水嶋も小学校時代の同級生&お嬢さん(なんとパーフォーミングアートや実験演劇の表現者です!)、中高時代の親友とゆっくり交流ができました!

いつものスタジオライブでは主催者なのでなかなかお客様とゆっくりとした時間が持てないのですが、今日はゲスト出演者の立場。観にいらした方々と終演直後に語らえるのは最高の贅沢です!

バンドメンバーの皆さんと。左から、ひらっち(ベース)平田将義・とり(7弦ギター)鳥原祥一・水嶋一江(ストリングラフィ)・Keiko(ボーカル)青木恵子・ねこいち(パーカッション)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください