神奈川県寒川町立旭小学校

10月30日
早朝相模線で寒川駅に向かう車窓の真正面に富士山が見えました。ちょっと得をした気分です。

低学年の皆さんは、全体的にリラックスしていて、ナチュラルなリアクションが子供らしくて楽しいです。
代表として「きらきら星」を演奏してくれたのは、エレクトーンを習っているという3年生男子。弾きながら、隣で糸を押さえて音程を操作するネコちゃんの動きへも、しっかり目配り。「楽器の仕組みについてもっと詳しく知りたいと思いました。」という感想に、音楽&サイエンス双方への関心の高さを感じられました。

高学年のコンサートでは、生徒さんが仕組みの説明をしている時などに自分の予想を口に出して発言したり、「へーやっぱりそうか」と言うような自発的で自由なリアクションが随所に見られました。好奇心が強く、本当に納得している、伝わっていると言う手応えが感じられました。
「サイエンスや理科の実験に興味のある人?」と聞いたら、大勢の子供たちがものすごく元気よく手が上げました。日本人のノーベル賞受賞者の話題でも反応がよかったです。

撤収後、明日の茅ケ崎公演のため、藤沢泊。

プロジェクト名:芸術鑑賞教室
主催:神奈川県寒川町立旭小学校
エージェント:重本音楽事務所
出演者:水嶋一江、KIKU、田實峰子
制作:鈴木モモ
会場:寒川町立旭小学校体育館
時間:①10:50 –11 :40 ②13:30 –14 :30
観客:①低学年生約360名 教職員 ②高学年生約357名 教職員

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください