「被災地における心のケアのための文化体験プログラム『ストリングラフィ・コンサート&ワークショップ in 釜石』」 第4日目 岩手県釜石市鵜住居幼稚園ホール公演

2月4日(火)
「被災地における心のケアのための文化体験プログラム」最終日は、鵜住居幼稚園でのコンサート。2014年に伺った際には仮設園舎でしたが、今では震災後、高台に新設された小学校&中学校に隣接した新園舎での公演となりました。

木材を生かした温かみのある園舎です。

最初に本プロジェクトの企画者、武藤さん(NPO法人子ども文化ステーション)のお話し。震災後から8年間継続して行われているプロジェクトの意義、文化をお届けする私たちにとっても大きな学びの機会となっています。

実験コーナー!

「パプリカ」では全員がダンス!ダンス!ダンス!

最後は子供たち&先生方と記念撮影!

帰途の途中、新花巻に「盛岡市フィルムコミッション」の多田さんがお土産を届けに来てくださいました。岩手県内でロケを行った映画「影裏」を記念して作られた、日本酒「影裏」をお土産にいただきました!
駅内の、吊るし雛コーナーで賑やかに記念撮影!

プロジェクト名:「被災地における心のケアのための文化体験プログラム
『ストリングラフィ・コンサート&ワークショップ in 釜石』」
主催:NPO法人子ども文化ステーション
助成:国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成活動」
出演者:水嶋一江、鈴木モモ、田實峰子
会場:鵜住居幼稚園 ホール 
仕込み&リハーサル:8:30 – 9:30
時間:10:30-11:05 → 体験コーナー(ワークショップ)
観客:桜組+ばら組+ひまわり組 33名、大人(スタッフ含む)22名

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください