about stringraphy

stringraphy

instrument

 水嶋一江は桐朋学園大学作曲科でクラシック音楽の作曲法を学んだ後、カリフォルニア大学作曲科修士課程で現代音楽を研究した作曲家です。1992年にプロデューサー、八重樫みどり等と共にスタジオ・イヴ(東京)を結成し、1996年以降“ストリングラフィ アンサンブル”による作曲・演奏活動を続けています。1992年の春、山形県月山の麓で行われたパフォーマンス・フェスティバルに参加した水嶋は、森の中で木と木の間に糸を張り、森全体を楽器にして演奏してみたいとひらめいたのです。糸電話の原理を応用し、糸の両端に紙コップを取り付けたところ、糸を擦るとコップがスピーカーの役割を果たして思いがけない程大きな音を発しました。その音は、ヴァイオリンの音、人の声や動物の鳴き声、風の音の様でもあり、自然界の音と楽器の音の、両方の特質を表現できる奥の深い楽器だという事に気付きました。

以来、水嶋はこの絹糸から生まれる音に魅せられ、糸の張り方、チューニング、演奏方法、共鳴体の材質、PA装置などを研究し、試行錯誤の末、徐々に繊細な音楽を奏でるようになりました。この糸電話の演奏スタイルを“ストリングラフィ(STRINGRAPHY)”と名付け、現在では数人でアンサンブルを組み、オリジナル曲から雅楽、クラシック、ポップス、現代音楽、童謡、民謡など、幅広いレパートリーを演奏するようになったのです。糸と紙コップというシンプルな素材ながら、演奏する曲目によって、琴、雅楽の笙、太鼓、チェロなど様々な音色が聞こえることに驚かれるでしょう。

“ストリングラフィ”のもう一つの特徴は、コンサート会場全体に数百本(多いときは800本)もの糸を張り巡らせ、空間全体を大きな楽器に変貌させてしまうということです。(それぞれの糸の両端に紙コップが取り付けられていますから、多いときは1000個以上のスピーカーが設置されたのと同じ効果があります。)会場の特性を生かし、一回一回作り直される楽器には、一つとして同じものはありません。“ストリングラフィ”はその時、その場所でしか演奏することのできない音楽なのです。一般のコンサートと違い、観客はその大きな楽器の内部に招かれ、四方から音のシャワーを浴び、あたかも楽器の一部となったかのような、独特の音楽体験をすることでしょう。

これまでに、アメリカ、ヨーロッパ、アジア各国などへの海外公演、また倉敷市立美術館、高知県立美術館、大阪市役所エントランスホールなど地方公演も多数行っています。1996年にはISCM(国際現代音楽家協会)主催の“WorldMusicDays’96”のインスタレーションの部に日本人として初めて入賞し、デンマークで作品発表を行い好評を博しました。劇場、美術館、フリースペースなど、どんな場所でも糸を張り演奏をすることが可能です。演奏形態もコンサート形式から、トークを交えたライヴ形式、出入り自由の大道芸形式まで自由自在です。ワークショップ、レクチャーなども多数行い、今後はさらに学校、病院、老人ホーム、多種の福祉施設など、様々な現場における幅広い活動を目指しています。

Kazue Mizushima, a composer, formed Studio Eve in 1992 with Midori Yaegashi and started to create STRINGRAPHY works.
She created indoor sound installations that utilize a multitude of “string telephones” (silk threads attached to paper cups).
These installations transform the entire performance space into an immense acoustic “harp” whose strings of criss-crossing thread create a geometric web where both performer and audience become part of the resonating chamber.

Studio Eve has focused on works for Stringraphy Ensemble since 1996. Three to five performers play a wide variety of musical repertory including original pieces, Gagaku – Japanese ancient music, Western classical music, Popular as well as Contemporary music.

Kazue Mizushima and Stringraphy Ensemble have been invited to perform at museums in Japan and abroad (including Takamatsu City Museum of Art in Japan and ARKEN-Museum for Modern Art in Denmark) and has participated in many international music and art festivals (including Sound Culture in the USA and World Music Days in Denmark in 1996).
These projects were supported by Japan Foundation, The Japan Arts Foundations, EU Japan Festival, Scandinavia-Japan Sasakawa Foundation.

In 1996 Kazue Mizushima received awards for STRINGRAPHY ’96 from the International Society for Contemporary Music (ISCM) at “World Music Days ’96” (the world’s largest contemporary Music festival) and performed at ARKEN-Museum for Modern Art in Denmark.

“Mizushima is an installation sound artist, which is a fancy way of saying she builds her orchestra using the space provided.”
-Robert Everett- Green, The Globe and Mail, Toronto, Canada on a review of her performance at the Music Gallery in Toronto, Canada.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中