「糸の森の音楽会」 Musical Forest

9月22日(土)September 20, 2018 (Sat.)
A family from Australia participated “Musical Forest”. I love the expression of children when they discover their own sounds by the Stringraphy!
9月の「糸の森の音楽会」。オーストラリアから日本旅行中のファミリーが参加しました。昨年オープンスタジオを体験してくださった、友人から勧められたとのこと!嬉しい!!
終演後、ストリングラフィで自由に音を出しているときの表情が最高です!

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:田実峰子、鈴木モモ、蓮見郁子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:11:00 – 12:00 
観客:おとな11名 こども11名 

広告

貸し切りライブ Stringraphy Live Performance

8月28日(火)
世田谷区の生涯学習グループ「さくら会」の皆さまを対象に貸し切りライブをしました!
お友達&ファミリーなど20名以上のグループでお申し込みください。お待ちしております。

「体験コーナー」では、趣味でバラライカを演奏していらっしゃるという素敵な女性が挑戦してくださいました。ストリングラフィで『ドクトル・ジバゴ』の「ラーラのテーマ」を演奏したらどんな雰囲気になるのかな?

プロジェクト名:貸し切りライブ
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、鈴木モモ、蓮見郁子、田実峰子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:15:00 – 16:00
観客:9名

高校生のMionちゃん、今ストリングラフィのレッスンを受けています。その体験を夏休みのプレゼンに生かしました!

8月20日  August 20, 2018(Mon.)
ストリングラフィのレッスンに訪れたMionちゃん。高校2年の夏休みに受講したFASID「一般社団法人 国際開発機構」http://www.fasid.or.jp/home/主催、国際開発プログラムで見事「個人プレゼンテーション」の部優秀賞を獲得しました!(最終的にプログラムを修了したのは49名、そのうち受賞者は最優秀賞1名、優秀賞5名、審査員特別賞1名の計7名。修了するだけでも大変価値のあるプログラムだそうです。)

Mionちゃんの選んだテーマは「ミャンマーの音楽教育支援とストリングラフィ」。ミャンマーでは公的な音楽教育がスタートしてまだ1年、ミャンマーの伝統楽器も長く続いた政治的混乱の中で手に入りにくい物となっているそうです。ストリングラフィを用いて身近な素材で音楽を学び、その発展形に民族楽器や音楽を位置づけるという内容で発表したそうです。
現代の若者ならではの視点、すばらしいですね!!

旧友の息子さんが熊本から自転車で東京のスタジオへやってきました!

8月16日(木)
二十数年来の友人、波多野毅さん(熊本県小国町でTAO塾を主宰)の次男Yuzen君が、熊本から自転車旅行で東京へやってきました!熊本高専の同級生Shinryuくんと一緒に、スタジオの2Fにお泊りいただきました。ちなみにスカイツリーから浅草寺まで東京中を回って最も印象に残ったのは、本郷の東京大学キャンパスだそうです。

「糸の森の音楽会」

7月27日(金)
ママに抱っこされた赤ちゃん(今日がコンサートデビュー!の赤ちゃんも)のほかに、1歳から3歳の子どもたちと小学生のお姉ちゃんも参加。

演奏中はとてもパワフルに声をあげたり身体を動かしたりして楽しんでくれました。
夏の季節にふさわしい「南の島のハメハメハ」「海」なども演奏。
波の音まで聞こえて来て、常夏の島の気分で楽しんでいただけたようです。

コンサート終了後の参加コーナも全員参加してとても熱心に小鳥の鳴き声を演奏してくれました。

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:鈴木モモ、蓮見郁子、田実峰子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:11:00 – 12:00
観客:おとな6名 こども6名