星山麻木+水嶋一江 コラボレーション Asagi Hoshiyama + Kazue Mizushima & Stringraphy Ensemble

5月27日(土)May 27, 2017 (Sat.)
We planned very interesting collaboration with Prof. Asagi Hoshiyama and Stringraphy mini concert. Asagi is the foremost authority on Education for Handicapped Children. We’ve met each other 20 years ago. Asagi was a graduate student of Tokyo University and working on her dissertation and I was just formed the Stringraphy Ensemble a couple of years ago. Asagi arranged a Stringraphy Concert at the children’s ward. It was our first collaboration.
We worked together first time in about 10 years today.
It was exciting and interesting.

星山麻木先生(明星大学教授)障がい児教育&保育の第一人者。豊かな経験に裏打ちされたお話は、説得力があり、かつやさしく流れるような語り口に、レクチャーを聴いた後は、「うん、きっとうまくいく!」というポジティヴな気持ちが湧き上がってきます。各地で企画されるセミナーは常にキャンセル待ちだそうです。
20年前星山先生が東大博士課程でリサーチをされていた時、ストリングラフィ・アンサンブルを立ち上げたばかりの水嶋が出会いました。
東大病院小児病棟での院内コンサートを企画していただいたのが最初のコラボレーションでした。
今回は約10年ぶりにコラボレーションを企画しました。
打ち合わせでも、進行中&計画中のすてきなプロジェクトが次々飛び出し、気が付くと客入れ時間になっていました。

Asagi is a highly skilled educator with profound experience.
30 minutes talk session was not enough.
I wanted to listen to her story more!

Stringraphy Ensemble has been performed at elementary schools (about 450), special support education schools (about 15) and Children’s Hospitals. Everyone enjoyed concerts! These experiences gave us the confidence.


星山麻木先生、東京学芸大学時代はフルートを演奏し、最初のキャリアは養護学校(現在の特別支援校)の音楽教師(高等学校)だったそうです。こどもたちと触れ合う中で、これまで学んできた「音楽」「音楽教育」を根底から見直す必要を痛感したそうです。「障がい」といわれる特徴を持つ子どもたちは「少数派」ととらえることができるのではないか?特徴を理解し、接する側が工夫することで「多数派」とコミュニケーションを取ることができる。などなど、今、教育現場、職場、家庭、社会のあらゆるシーンで必要とされている知恵とやさしさがぎっしり詰まったお話でした。
ストリングラフィ・アンサンブルも25年の活動の中で小中高校(約450校)、特別支援校(十数校)、小児病院などにコンサートをお届けしてきました。様々なシーンでいわゆる「障がい」を持つ子供たちの持つ豊かな感受性、表現力、能力に触れてきました。
「音楽」は多くのバリアを超えて、みんなで共有し楽しめるものだという確信を与えてくれたのも、「少数派」の彼ら彼女らです。

一般社団法人こども家族早期発達支援学会のみなさん、明星大学OBのみなさんと

和洋女子大学こども発達学専修 駒久美子先生とゼミの皆さんが参加してくださいました。

プロジェクト名:包容力のあるお話し-星山麻木+音楽の持つ力-水嶋一江&ストリングラフィ・アンサンブル コラボレーション
主催:スタジオ・イヴ
ゲストスピーカー:星山麻木
演奏者:水嶋一江、鈴木モモ、蓮見郁子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:14:00 – 15:30
料金:2,500円
観客:20名

広告

Open Rehearsal

October 14, 2015 (Wed.)   10月14日(水)

15:00 – 1600  Open Rehearsal
Performers: Kazue Mizushima, KIKU, Momo Suzuki
Producer: Midori Yaegashi

Two families, one from Indonesia the other from India joined to the “Open Rehearsal”.
We are trying to comply with visitor’s request. Two groups asked if we had performances in this week. We didn’t have any performances at our studio this week, so we have decided to hold an open rehearsal instead. This was our first attempt to open our rehearsal to the public.

初めての試みとしてリハーサルを公開する「オープンリハーサル」を行いました。ライブの予定がない時期にお問い合わせをいただいたため、リクエストにお応えする形で企画したものです。インドネシアとインドから2ファミリー、計10名が参加されました。リラックスして終演後も質問などゆっくりお話をすることが出来ました。
resize0732

resize0733

Stringraphy Live Performance 2015 Vol.5 「繭の色の演奏会」Vol.5

August 5 , 2015 (Wed.)

This is the fifth “Stringraphy Live Performance 2015” since April. We have been having international audience from all over the world since we put the information on TripAdvisor in March. I give an explanation about the instrument and the program both in Japanese and English during the concert.
We have decided to perform more original pieces. We made English brochures this time, because we don’t want to break audience’s concentration by giving too many words.
We have learning many things through continuing the project.
resize0491resize0492resize0493

8月5日(水)

プロジェクト名:Stringraphy Live Performance 2015 Vol.5   「繭の色の演奏会」Vol.5
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、KIKU、鈴木モモ
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:14:00 – 15:00
観客:18名

今回はこれまで来ていただいたお客さまからのご意見を反映し、より多くのオリジナル曲を後半にまとめて演奏しました。いつもより、ちょっぴりディープなストリングラフィ・ワールドをお楽しみいただきました。「繭の色の演奏会」では毎回日本滞在中の各国からの観客が訪れています。日本人のお客様と半々くらいの割合です。終演後の会話も活性化され、今まで以上に多くの率直なご意見を聞かせていただく機会が増えました。毎回皆様のアイデアを反映させ、ストリングラフィを進化させていきたいです。
乞うご期待!!

Stringraphy Live Performance 2015 Vol.4 繭の色の演奏会Vol.4

July 24 , 2015 (Fri.)
Peter from Melbourne in Australia is playing the Stringraphy first time in his life!
We were pleased to know that he visited us because he read the story about the “Stringraphy” at the “Melbourne Festival 2001”. It has been 14 years since we performed there! We had 20-minute performance 8 times a day for a week at the “Victorian Art Center”. 56 performances at the total! About 7,000 audiences came to our performance at the total. It was one of the most impressive experiences in the Stringraphy history. We have been hoping to return to Australia!
resize0472

7月24日(金)
プロジェクト名:繭の色の演奏会 Stringraphy Live Performance 2015
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、KIKU、鈴木モモ
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:19:30 – 20:30
観客:12名

メルボルンからいらしたピーターさんがストリングラフィに初挑戦!
「メルボルンフェスティバル2001」でのストリングラフィ公演の話を聞いていて、たまたま旅行中だった週末にライブがある事に気付き来てくださったそうです。14年前のストーリーが現在に繋がっているなんて、すてきです!
「ヴィクトリアン アート センター」のギャラリーでのプロジェクトは今でも語り草となっています。20分のショートパフォーマンスを一日8回x7日間=56回行ったのです!(入場無料)最初はコアなアートファン&日本ファンの聴衆から始まったフェスティバル。リピーターが家族や友人を連れてきてくださり、回を重ねていきました。最終的には延べ7,000人のメルボルン市民が集まりました。
最後の回は2回のギャラリースペースまで人がぎっしり、子どもからビジネスマンまで、アンコール曲の「ワルチング マチルダ」を大合唱して下さいました。支えてくださった豪日のスタッフの眼にも涙が溜まっているのに気づき、ジーンと来ました。
余談ですが、フェスティバル中、「ストリングラフィ」の直後に階下の大劇場で行われていたウィリアム・フォーサイスの開演時間が、段々遅くなって行ったんですよ。「ストリングラフィ」の最終回を観てからフォーサイスの劇場へまわる予定の人が増えて行き、遅刻者が激増したからだそうです。

こういう街に浸透する形のプロジェクト、色々な都市&町でやってみたいですね!!!

バレンタインデイ・ライヴ 2日目

2月14日(土)
プロジェクト名:バレンタインデイ・ライヴ
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、篠原もとこ、KIKU、鈴木モモ
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:15:00 – 16:20
観客:26名

バレンタインデイということで、参加コーナーで演奏して下さったお客様にチョコレートをプレゼントさせていただきました。「愛の賛歌」をバックに盛り上がりましたよ!