ユーチューバー初取材があった4年前

1月7日(木)

「繭の色の演奏会」を毎月開催、トリップアドバイザーなどに積極的にアプローチしていた4年前、初めてプロユーチューバーが訪れ、興味津々でした。ブログに使用しているWordPressがバージョンアップし、YouTubeをアップロードできるようになったので、資料として掲載します。好きな時に好きなところへ行き、実体験を積める日々が戻ってくることを祈って💖

「糸電話の楽器」アニメ

1月7日(木)

知人にストリングラフィの動画を送ろうと検索したところ、面白楽器を紹介したアニメにヒット。「ストリングラフィ」も紹介していただいていて、お年玉いただいた気分。

「ストリングラフィ」4問め、5分過ぎに登場します。

ストリングラフィ・コンサート(池田町)の記事が「十勝毎日新聞」電子版に掲載されました

12月9日(水)

以下「十勝毎日新聞」の抜粋を掲載します。

ストリングラフィ演奏楽しむ 池田

2020/12/09 8:30

 【池田】絹糸と紙コップでできた楽器を演奏する「ストリングラフィ・アンサンブルコンサート」(町教委主催)が5日、町田園ホールで開かれた。44人の町民が来場し、優雅なダンスを踊っているような演奏を楽しんだ。

 コロナ禍で中止になった小学生芸術鑑賞の代替企画。道巡回小劇場事業と町子ども夢基金を活用している。事前に入場券を配布し、検温、マスク着用など感染予防対策を実施して開催した。

「十勝毎日新聞」電子版より

https://kachimai.jp/article/index.php?no=521458

ストリングラフィ歴史的写真

12月3日(木)

昨日ストリングラフィ・アンサンブル、メンバーの鈴木モモが国立音楽大学でワークショップを行うに当たり、ストリングラフィを考案→実験的パフォーマンス→ストリングラフィ・アンサンブルと、楽器としての進化を遂げた過程を写真で追ってみました。

1992年4月 山形県大蔵村(月山の麓)「すすきのシアター」でのパフォーマンス
1992年12月 「未来のイヴ」(東京芸術劇場小劇場)1

1992年12月 「未来のイヴ」(東京芸術劇場小劇場)2

1992年12月 「未来のイヴ」(東京芸術劇場小劇場) 3
「アビメレク」(アルス・ノヴァ 東京阿佐ヶ谷)
「大手町の幾何学」(P3、東京四谷東長寺地下)

「一噌幸弘&水嶋一江Collaboration」(アサヒスクエアA、東京浅草) 1
「一噌幸弘&水嶋一江Collaboration」(アサヒスクエアA、東京浅草) 2

1994年11月 コンサート&ワークショップ準備 (平塚幼稚園、東京祐天寺)

1994年10月 「ワークショップ」 (NTT世田谷、東京) 1
1994年10月 「ワークショップ」(NTT世田谷、東京)2
1994年10月 「ワークショップ」(NTT世田谷、東京)4