日本女子大学付属豊明幼稚園「糸の森の音楽会」

11月17日(金)
日本女子大学付属豊明幼稚園で「糸の森の音楽会」を行いました。
「小桜会」(PTA)の皆様のご尽力で楽しい会になりました。

出番直前のいっちゃん。「糸の森の音楽会」の主役です!

2011年に完成した新園舎、セキュリティ面では現代的なシステムを取り入れ子供を守りながらも、教育のエッセンスは泥んこ遊びに代表される自然遊びを重んじ、そして自分で遊びを発見していくことを見守り育てるという、成瀬仁蔵先生の三綱領 「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」に根差したものであると感じました。

最後には園長の黒瀬先生が登場、「キラキラ星」を演奏しながら「音階の秘密」を解説するというサプライズも!大好きな園長先生のパフォーマンスに子供たちはもちろん、保護者も先生方も大盛り上がりでした。
黒瀬先生、小桜会の皆さま、関係者の皆さま、どうもありがとうございました。
メンバーが楽屋で着替え中、マネージャーの八重樫が目を輝かせた子どもたちから質問攻めにあったそうです。「どうやって楽器をしまうのか?」などなど、どれもなるほどと思わされるような疑問ばかりだったそうですよ。
撤収後にお教室をのぞくと、早速いろいろな種類の糸で「ストリングラフィ」を作って、音色や弾き心地の違いを体感していました。実際に自分でやってみることの大切さを率先して示されている先生方の行動力、さすがです。
子供たちの前で演奏させていただくときには、「音楽」のすばらしさを伝えることはもとより、身近な物や自然を違った角度で見つめ直すことで、発見&発明があるというメッセージを込めております。未来を生きていく子供たちには、日常生活の中から「クリエイティビティ」「オリジナリティ」を養ってほしいと願っています。
園長の黒瀬優子先生とストリングラフィ前で記念撮影。

プロジェクト名:「糸の森の音楽会」
主催:小桜会(日本女子大学付属豊明幼稚園PTA)
出演者:鈴木モモ、蓮見郁子、田實峰子、水嶋一江
制作:八重樫みどり
会場:豊明幼稚園体育室
時間:10:30 –11 :20
観客:園児250名、保護者、幼稚園スタッフ

広告

テーオーシー保育園 コンサート

2月6日(月)

テーオーシーの子供たちはとっても元気。待っている間に先生と一緒にお歌を歌っていました。
20

大好きな童謡と糸の森から飛び出す動物たちの鳴き声、いっちゃんの人形を使ったリードに子供たちは釘付けです。
23

21

22
帰り際、お教室からいつまでも手を振って見送ってくれる子供たち。かわいいですね。
30

プロジェクト名:「糸の森の音楽会」
企画:テーオーシー保育園
演奏者:水嶋一江、鈴木モモ、蓮見郁子、田實峰子
場所:テーオーシー保育園
時間:10:00 – 10:50
観客:園児 200名、スタッフなど

テーオーシー保育園 コンサート 仕込み

2月5日(日)
テーオーシー保育園、ホールで明日のコンサートの仕込み。こちらの保育園、私(水嶋一江)の父の実家です。1949年創設、2年後には70周年を迎えます。
11

12
ソプラノを始め、楽器の仕込みはメンバーに任せ、水嶋は音響担当に。
14

ARDA企画 ふれあいアート 「糸とコップで、音あそび ~ストリングラフィ・ワークショップ」 第3回目

12月7日(水) December 7, 2016 (Wed.)

プロジェクト名:ふれあいアート 「糸とコップで、音あそび ~ストリングラフィ・ワークショップ」園児対象ワーク
主催:港区立某保育園
企画:ARDA
講師:水嶋一江、蓮見郁子
制作:ARDA
場所:ランチルーム&クラスルーム
時間:10:00 – 11:00
参加:年中&年長組合計24名

第3回ワークショップ。アッという間に最終回がやってきました。
「さんぽ」「小さな世界」メロディオン演奏に選ばれた子供たち、素晴らしい演奏に拍手です!前回どんな感じ化演奏してくれたのですが、1週間の練習の成果がすごいです。
2曲ともメロディオン&うた&糸電話、3種類の音、うまくバランスをとりながら、かなり完成度の高い演奏までもっていきました。2月には生活発表会があるそうです。その時にはさらにレベルアップした演奏が期待できますね。
こちらの保育園では、今回のワークショップを担当された先生が、普段から音楽の指導を熱心になさっています。こどもたちが、人の話をよく聞けるなぁととても感心しました。音楽の演奏や合奏を通じて、集中して聞くという事を自然に学んでいるのではないかと思います。