ALEC(有田川町地域交流センター)ウォークスルーシステム導入記念イベント ストリングラフィ・コンサート

1月7日(火)
有田川町地域交流センター(ALEC)ウォークスルー型図書貸出システム導入記念式典』で、ストリングラフィ・コンサートを企画していただきました。

式典の模様です。システム導入の準備期間、数週間の閉館期間を経て今日の式典を行ったということで、図書館オープンを待ちわびていた市民の皆さんも入館されていました。

有田川町は人口2万8千人の小さな町ですが、10年前に全国に先駆けて開放型の図書館をオープン。年間の利用者数が1万人と、町中の人に愛される施設に成長しました。

ハード=建物もスタイリッシですが、この施設の真価はソフトにあります。子どもが遊べる木製おもちゃコーナー、友達と一緒に勉強出来るテーブル、市民主体のワークショップも盛んです。本当の意味で市民に開放されています。
最も感銘を受けたのは、有田川町の皆さん、そしてアレクのスタッフの皆さんのおおらかな温かさです。コンサートの間も、普段通り本を借りに来る人、読書スペースで雑誌を読む人、グループで勉強する高校生たち、思い思いの時間を過ごしながら、ストリングラフィの音楽を柔らかく受け止めてくださっている事が伝わってきます。コンサートに於いて、こういった雰囲気の観客とのコミュニケーションは初めての体験です。公共の場でのルールや他人との距離の取り方に、とかく神経質になりがちな現代、有田川町の市民のみなさんの、おおらかさはとても参考になります。

先ほどの式典でテープカットを行っておられた有田川町のリーダーの皆様も、コーヒーを飲みながらくつろいだ雰囲気でストリングラフィを愉しんでくださいました。
これまで何度か図書館コンサートの話が持ち上がったのですが、静粛にしなければいけないと言う図書館の特性と両立せず、実現に至りませんでした。今日は大好きな、図書館で演奏することができ、夢のようです。

ストリングラフィのステージで演奏にチャレンジしている長身の男性、お隣の海南市からやってきた高校生です。コンサートの間、友人3人とグループ学習をしていましたが、「どなたか一人、演奏にチャレンジしてみたい人?」と呼びかけると、真っ先に手を挙げて登壇してくれました。(「あれ!聴いてたんだ⁉」)きれいな音で演奏を披露し、また何事もなかったかのように自主学習の輪に戻っていきました。

今日のイベントはランチタイムを挟んだ2回公演でした。有田川町との素敵な出会いを演出してくださった㈱図書流通センターの、佐藤副社長と南さん。カフェでランチをいただきながら「ウォークスルーシステム」をアジアから世界へ!という壮大な構想を伺いました。

コンサートとコンサートの隙間時間の風景。市民の皆さんと本とストリングラフィ、自然な感じで溶け込んでいます。

プロジェクト名:ALEC(有田川町地域交流センター)
ウォークスルーシステム導入記念イベント
ストリングラフィ・コンサート
主催:有田川町教育委員会 有田川町地域交流センターALEC
演奏:水嶋一江、鈴木モモ、KIKU
制作:八重樫みどり
会場:ALEC(有田川町地域交流センター)
時間:① 10:45 – 11:30 ② 14:00 – 14: 45
観客:① 延べ約100名 ② 延べ約80名

有田川町地域交流センター(通称:アレック ALEC) のり&仕込み

1月6日(月)

2020年は松の内からコンサートツアー!メンバーもどことなく気持ちが華やぎます。今日は明日のイベントの仕込みです(15時~17時)。有田川町地域交流センター(通称:アレック ALEC)へ仕込みに伺うと、新年のメッセージが出迎えてくれました。

有田ミカンと産所で有名な有田川町、豊富な資源を生かし、市民にも環境にも嬉しい大きなオープンテラスがあります。子供たちものびのび身体を動かせますね!

製材する際に出る木片などを使用した「つみき列車」。積み木を手に取ると、木の香りに包まれます。

ALECはカフェやワークショップを行えるようなオープンスペースを併設した、 開放的な図書施設です。図書館内のカフェで購入したドリンク&フードを持ち込んで、読書&勉強ができるフリースペースも充実しています。

1月7日からウォークスルー型図書貸し出しシステムを導入します。巨大な本のゲートを抜けると貸し出しの手続きが自動的に完了します。なんと、日本(世界でも❓❕)で初めて導入される最新式のシステムだということです❣️

ご覧のように、本当に本棚とコラボする形で演奏会場をセットしています。大好きな「図書館」でのコンサート。これまでも何度かお話をいただきながら、読書スペースと「音」の干渉が問題となり、実現したのは今回が初めてです!

奥に日本の誇るカルチャー「MANGA」コーナーが見えますね!

ストリングラフィを設置する方法はいくつかあります。今回はドラムセット用のアルミ棒をクランプを応用し、トラスに組んで支柱を立てる(力を分散させ、固定に必要なウエイトの重量を節約!)方式をとりました。

リハーサル風景。明日のコンサートが楽しみです!

有田川町地域交流センター『ALEC(アレック)』

「ウォークスルー型図書自動貸出システム」について
和歌山県有田川町(町長:中山 正隆)と株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:広瀬 敏男)は、スマート図書館の実現に向け、ICタグを活用した「ウォークスルー型図書自動貸出システム」を構築し、2020年1月7日より運用を開始します。
本システムは、利用者が利用者カードと図書を持って、施設に設置されたICタグ読取ゲートを通過するだけで貸出手続きを完了させるものです。この読取ゲートは、高い認識率を実現させるため、実証実験を重ねオリジナルで制作しました。自動返却ポストと組合せることで、利用者の利便性向上と図書施設運営の効率化を目指します。

導入の経緯
和歌山県有田川町は、地域住民の交流の場として「有田川町地域交流センター(以下、ALEC アレック)」を2009年に開館しました。ALECは、「本と絵本のまちづくり」をコンセプトに明るくて開放的な図書施設で、絵本作家の講演会や絵本に関するワークショップなど、多くのイベントを開催しています。
富士通マーケティングは2009年に図書館情報システム「FUJITSU 文教ソリューション iLiswing(アイリスウィン)21/We」を導入したことを契機に、これまでもALECへ様々なICT導入の支援をしてきました。
ICTの活用により、利便性が向上し、利用者が増加する一方で、レファレンスサービスやイベント企画など図書館に求められる役割は高度化しつつあります。また、社会的な労働人口の減少は図書館においても例外ではなく、職員確保はより困難になることが想定され、さらなる業務の省力化が課題でした。そこで、有田川町では、図書館システムの更改に合わせて、ICタグや自動貸出の導入などを検討し、「スマート図書館化事業計画」を立案。公益財団法人図書館振興財団(注1)の助成事業を受け、ICタグを活用した「ウォークスルー型の図書自動貸出システム」を2020年1月7日にALECで運用開始します。

「ウォークスルー型の図書自動貸出システム」の特長
誰でも簡単に貸出手続きができ、さらに職員の業務省力化を実現
利用者は、バッグに利用者カードを入れたまま、借りたい本を持って読取ゲートを通過するだけで、簡単に貸出手続きが完了し、登録されたメールアドレスにお知らせが届きます。また、返却時は自動返却ポストを利用することで、貸出と返却手続きの両方で貸し出しカウンターに立ち寄る必要がないため、プライバシー保護にも効果があります。
従来はカウンターで行っていた貸出と返却手続きをセルフ化することで、職員の窓口業務を大幅に削減します。
明るくて開放的な図書施設のコンセプトに合わせたデザインを採用
読取ゲートの筐体外装とそのデザインは、和歌山県の地元企業に依頼し、地域住民の交流の場としての雰囲気を損なわず、施設コンセプトとの一体感にこだわり、洋書風のデザインを採用しました。
利用者カードもIC化に伴いデザインを刷新。「絵本のまち有田川」のロゴマーク(イラストレーション:tupera tupera デザイン:DICTOM DESIGN)(注2)を採用し、魅力あるものにしました。
高い認識率を実現するため、オリジナルの読取ゲートを構築
既存の自動貸出機は利用者自身で貸出操作が必要ですが、機器操作に不慣れな人でも簡単に貸出手続きができるように、操作や作業が不要となる読取ゲートを考案しました。
歩行速度や冊数、持ち方など利用シーンを想定し、確実にICタグを認識させるため、2018年から実証実験を重ねました。アンテナの配置や構成を検討した結果、通路を通過するだけのウォークスルー形式により、誤読を防ぎ、100%に近い認識率(注3)を実現する読取ゲートを構築しました。

和歌山県有田川ライブラリー(通称:アレック ALEC) のり&仕込み パンダ列車に遭遇!

1月6日(月)
明日のコンサートの仕込みで和歌山県有田川ライブラリー(通称:アレック ALEC)へ。
新大阪から乗車した「くろしお9号」。ラッキーなことに「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」というイベント列車に遭遇!『パンダだらけ』で海南駅へ向かいました❕

『パンダ列車』情報
名称:「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」
期間: 2017年8月5日(土)〜2019年11月頃(予定)
🐼8月5日(土)の臨時列車の運転、ならびに出発式、お出迎えの実施について🐼
8月5日(土)は臨時列車「くろしお95号」を、ラッピング列車「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」で運転します。これにあわせて天王寺駅にて出発式を、またアドベンチャーワールドの玄関口である白浜駅にて地元の方々によるお出迎えを行います。

≪臨時列車(くろしお95号)の運転について≫
運転日:  2017年8月5日(土)
区間、時刻:天王寺(8:49発)〜白浜(11:08)

「ストリングラフィ・コンサート」兵庫県多可町ベルディーホール 

9月7日(土)
今日の舞台は兵庫県多可町の豊かな「みどり」をシンボルとした多可町文化会館ベルディーホール(Verde Hall)です。

会場周辺の風景です。目にも鮮やかな緑が広がっていますが、一番印象に残っているのは「香り」と「音」です。昨夜準備を終えて劇場を出ると、木々や草のすてきな香りに包まれました。日中こそ夏の暑さが残っていますが、夜は秋の気配の中、賑やかな虫の声が湧き上がってくる様です。地元の方々は「何もない町で・・・」とおっしゃいますが、この空気こそが、都会にはない豊かさだと、思いっきり深呼吸をしました。

多可町文化会館ベルディーホール主催の本日のコンサートは、兵庫県立多可高等学校の音楽鑑賞会と、一般向けのコンサートが合体した珍しいスタイルです。多可町へ呼んでいただいた機会に、市民の方を含めた多くの皆さんにコンサートを体験していただくアイデア、すばらしいですね。
多可町文化会館ではユニークな運営方法を採っています。市民有志で構成された多可町文化会館運営評議委員会のみなさんが、ホールでの出し物を発掘し決定していらっしゃるのです。館長さん以下行政側は内容には口を出さず、サポートに回っていらっしゃるとか。理想的な文化行政の在り方ですね!いろいろな地方へ伺うと、こういったお話を伺う機会があり、たいへん勉強になります。

プログラム前半では親しみのあるスタンダード ナンバーをお楽しみにいただきました。なかでも参加コーナーは盛り上がりました!

プログラム後半ではストリングラフィのために作曲したオリジナル曲をお楽しみいただきました。ベルディーホールのスタッフの皆さんは、とても協力的で、客席内への楽器のセッティングもスムーズに行われました。オリジナル曲では、客席空間も楽器の一部に巻き込み、頭上から風の音、鼓の音が降り注ぐ仕掛けになっています。

コンサート後、多可高等学校の皆さんから素敵な花束をいただき、私たちからは、メロディを弾くことのできる特別ねストリングラフィをプレゼントさせていただきました。

本日のコンサートの様子は兵庫県多可高等学校のブログにも掲載されています。

多可町はお米のおいしいところで、山田錦のおコメを生産しているそうです。お米を使った製品が工夫されています。館長さんから冷たい甘酒(ノンアルコール)を楽屋に差し入れていただきました!タピオカ入りもあるそうですが、まずはストレートの甘酒をいただきました。すぅっとした自然の甘さで、しかも滋養たっぷり。コンサート前にいただくのにぴったりドリンクです!

プロジェクト名:「ストリングラフィ・コンサート」
主催:多可町文化会館ベルディーホール
後援:多可町・多可町教育委員会
協力:フルハウス616
出演者:水嶋一江、KIKU、田實峰子、蓮見郁子
制作:八重樫みどり
会場:多可町文化会館 ベルディーホール
時間:13:30 – 15:00
観客:多可高等学校全校生徒&教職員 約320名
一般 約30名

<プログラム>
アイネクライネナハトムジーク(作曲モーツアルト)
イエスタディ
大きな古時計(作曲:H.ワース)
ゲゲゲの鬼太郎
春(作曲ビバルディ)
山の音楽家 (各学年各クラス1名参加)
恋(作曲 星野源)
ドレミの歌(作曲:リチャード・ロジャース)
花は咲く

森の記憶
Angel of Rain
紫苑(組曲「繭の色」より)
風の記憶
紅(組曲「繭の色」より)
天国と地獄(作曲:オッヘンバック)
パレード

オリジナル曲について (水嶋一江)
■ 森の記憶(1997年)
ストリングラフィが生まれた月山の麓の森をイメージして作った。
森の雰囲気を表現した即興演奏で始まる。早春の針葉樹林の静けさ、朝もやの中からふと立ち現れる遠くの木々、鳥のさえずりや梢を渡る風の音の記憶が織り込まれている。
■ Angel of Rain
■ 紫苑 (「繭の色」より)(2006年)
ストリングラフィの音を生み出している「絹」。中国からシルクロードを伝いヨーロッパへ、また海を渡って日本へやってきた、その「絹」に思いを寄せて音を紡いでみることにした。2015年現在、日本の伝統色をタイトルにした小品を連作中。
軽やかなリズムのモチーフが、織物の幾何学模様のように最初から最後まで繰り返される。平安時代に愛好されたという紫苑色。リズミカルなコードの上に、メロディが重ねられ、微妙な色のグラデーションを描くように、ハーモニーが移ろってゆく。
■ 風の記憶(2012年)
コンサートツアーで日本各地を訪れる中で出会った、地元の人々に受け継がれる楽器や音楽。現地の空気の中で聴くと生き生きとしている。日本で生まれたストリングラフィで是非表現してみたいと思い続けてきた。2012年國立台北藝術大學の創立30周年を記念して行われた「關渡藝術節 2012 Kuandu Arts Festival」に招かれたのをきっかけに、4部作として構想した。
Ⅰ. 八丈太鼓のリズムをモチーフにパーカッションの音色で構成した曲。
Ⅱ. 津軽三味線「じょんがら節」をテーマに、五所川原で遭遇した地吹雪を
イメージした曲。

「ストリングラフィ・コンサート」兵庫県多可町ベルディーホール のり&仕込み

9月6日(金)
明日は兵庫県多可町ベルディーホールでコンサートがあります。兵庫県立多可高等学校の音楽鑑賞会と、一般向けのコンサートが合体した珍しいスタイルです。

毎回、何もないステージに、柱(単管)を設置し、ストリングラフィをセットしていく作業は、空間に立体的なテキスタイルを織り上げて行くようでワクワクします。

ベルディーホール616席、後ろ2/3程が急こう配のひな壇になっていてどこからも見やすい素敵なホールです。かぶりつきの席がステージに近いので、見上げるとこんな感じになります。

絹織物の中の世界に入り込んで音に包まれるようなコンサートです。

こちらの地方では200年の歴史を持つ播州織が有名です。なんと今日何気なく首に巻いてきた愛用のスカーフ、播州織でした!(デザイナーの玉木新雌:作)多可町文化会館運営評議委員会 会長 吉田律子さんと今回ののイベントにストリングラフィを推薦してくださった方です。多可町文化会館ではたいへんユニークな運営方針を採っています。市民の皆さんで構成される評議会でイベントのコンテンツを採択し、行政はそれをサポートしているそうです。まさに理想的なマッチングですね!

播州織の歴史をうかがってから改めてステージを見ると、地元のライティングアーティストの方が作ってくださった各シーンの色味に、伝統の味わいが感じられます。

照明とストリングラフィの楽器、それからパフォーマンスのコラボレートした完成形は、演者である私たちには見ることができないのが残念です。リハーサルの時、合間を見ては客席に飛び降りて効果を確かめています!