川崎市市民ミュージアム 下見&打ち合わせ

2月19日(火)

今年の大型連休の前半の4月28日(日)、川崎市市民ミュージアムのエントランスにストリングラフィ・アンサンブルが登場します。
企画展「岩合光昭写真展 ねこづくし」(2019年4月23日~6月30日)、同時開催される「ZooとArt(ずーっとあーと) 色とカタチのどうぶつ展」(2019年4月13日(土)~6月30日(日))「動物」をテーマにした展示の内容に合わせ、ストリングラフィの「糸の森」からいろいろな動物の歌&鳴き声が飛び出します。本日はスタッフの皆さんと下見&打ち合わせを行いました。
エントランス「逍遥展示空間」の迷路のようなフロアデザインと吹き抜けの美しい響きで、川崎市市民ミュージアムでしか体験できない不思議で楽しい参加型コンサートになりそうです!!

広告

千葉県千葉市立園生小学校 芸術鑑賞会

2018年11月29日(木)
低学年のみなさんは、子供らしく元気いっぱい、素直な反応でコンサートを楽しんでくださいました。
一転高学年の皆さんは、集中力が高く、まるでホールコンサートのようなマナーで音楽に聞き入っている様子でした。

クラス担任の先生からも「衝撃的なコンサート!プログラム構成もよかったですね。」との感想をいただきました!

今日はバドミントンポストを固定するためのウエイトを応用してストリングラフィを張りました!

撤収後、レジナ幼稚園で明日のコンサートの仕込みを行いました。ホールの中心の天井は高く、全体にとても広い感じなのだが、直線で、13m近くを取るのは、なかなか難しく、さまざまな工夫を凝らして楽器をセッティング。
長い一日でした。

プロジェクト名:芸術鑑賞会
主催:千葉県千葉市立園生小学校
出演者:鈴木モモ、田實峰子、蓮見郁子、
制作:KIKU
会場:千葉市立園生小学校体育館
時間:① 9:30−10:20 ② 11:00-12:00
観客:① 低学年生350名、職員14名 ② 高学年生350名、職員14名児童数