日野子ども劇場例会「糸の森の音楽会」絹糸と紙コップでできた、糸でんわの楽器「Stringraphy ~ストリングラフィ」

3月20日(土)

2020年に予定されていた企画、コロナウィルス拡大の影響で延期となりましたが、日野子ども劇場の皆様そしてご関係者の皆様のご努力で、同年度内に実施することができました!コロナに加え、希望の会場であった「ひの煉瓦ホール」の改築が重なったりと様々な困難を乗り越えての例会となりました。なんと今日3月20日(土)は他の市民の方が押さえていらした枠を、子ども劇場の皆さまの窮状をご覧になって譲ってくださったそうです!見えないところでも多くの方々に支えられていることを改めて実感しました💛

0

赤煉瓦が印象的な改築後の「ひの煉瓦ホール」。実はこのホール&日野子ども劇場例会で演奏するのは20年ぶり!

ホールの名称の由来となった『日野煉瓦』は明治20年(今から約120年前)に製造され、鉄道建築などに使われたそうです。ストリングラフィが絹糸でできていいるため、各地を訪れるとつい「養蚕」「生糸」「絹織物」文化に目が行きます。日野にも『桑ハウス』といういう絹産業遺産が存在します。

煉瓦も養蚕も明治時代の産業遺産、いつか訪れてみたいものです!

1
コンサート会場となった「ひの煉瓦ホール」 
小ホール階段・吹き抜けの大壁には「日野の四季」を表現したモザイク画が来場者を迎えます

高度成長期、東京都心のベッドタウンとして発展した街、多いときは1000人規模の観劇やツアーなどを企画したそうです。そんな皆さんの支えるバックステージは完璧かつ温もりがあります。

受付では会員さん手作りのアームカバーを販売!ステイホームで家事に時間がアップする今、とっても便利ですね!

2

楽器の仕込み風景。木のぬくもりが眼にも耳にも心地よいすてきな空間です。ナチュラルな反響が美しく、今回のプログラムにある「森の記憶」(ストリングラフィが生まれた月山の麓の森をイメージしたオリジナル曲)を演奏しながら、やさしい「木」のエコー「木魂?」に包まれました。

3

今回は完全予約制で客層を把握、大人が40名、子どもが14名(ほとんどが会員の家族やその友人)という前提で客席作りを行いました。前面にblueシートを敷き、子どもたちを誘導。約40の椅子席は充分なディスタンスを取りました。

4

「パプリカ」などの演目では、子どもたちが無邪気に踊る様子もパフォーマンスの一部となり、周りの大人&私たち演奏者を和ませてくれました。

66906204-E9BA-4059-B0A4-CF159B249DFA

今回のプログラムはいわばハイブリッド、前半がファミリー向けの「糸の森の音楽会」、後半がオリジナルを中心とした「森の記憶」の内容でした。

子ども劇場・おやこ劇場」のシステムは1960年代に福岡市始まり、その後全国に広まりました。一時は全国60万人の親子が会員になったともいわれます。今、少子化が進む中、その経験が地域のニーズを救い上げ、ファミリーのみならずシニアも含めた市民が広く関わってゆく内容に変貌するのは素晴らしいことだと感じました。

10

コンサートの感想が寄せられました!どれも素晴らしい内容と、すてきな表現&ことば!了解を得て掲載させていただきます。

21
感想1&2
22
感想3&4&5

今回は事前に主催者サイドとコミュニケーションを取る中で。大人:子ども=4:1の割合でああることが判明、オリジナル曲なども取り入れ、幼児からシニアまでお楽しみいただける内容を工夫しました。目がヒット中の「鬼滅の刃」より「紅蓮華」をレパートリーに加え、この日初披露でした!!

C43C90F5-3A6F-42CA-95FE-D0A2F6BF6B20

テキストの画像のようです
日野子ども劇場例会「糸の森の音楽会」チラシ 表
1人、立っている、テキストの画像のようです
日野子ども劇場例会「糸の森の音楽会」チラシ裏

プロジェクト名:日野子ども劇場例会「糸の森の音楽会」絹糸と紙コップでできた、糸でんわの楽器「Stringraphy ~ス
トリングラフィ」
主催:NPO法人 日野子ども劇場
後援:日野市教育委員会            
エージェント:
出演者:水嶋一江、KIKU、田實峰子
制作:鈴木モモ
会場:ひの煉瓦ホール・小ホール
仕込み&リハーサル:09:00 – 12:00
時間:14:00 – 14:50
観客:大人33名 子ども13名 シニア7名

A Happy New Year!

1月1日(火)

I wish you a happy new year🎍

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

StudioEVE 年賀状

ストリングラフィ・コンサート(池田町)の記事が「十勝毎日新聞」電子版に掲載されました

12月9日(水)

以下「十勝毎日新聞」の抜粋を掲載します。

ストリングラフィ演奏楽しむ 池田

2020/12/09 8:30

 【池田】絹糸と紙コップでできた楽器を演奏する「ストリングラフィ・アンサンブルコンサート」(町教委主催)が5日、町田園ホールで開かれた。44人の町民が来場し、優雅なダンスを踊っているような演奏を楽しんだ。

 コロナ禍で中止になった小学生芸術鑑賞の代替企画。道巡回小劇場事業と町子ども夢基金を活用している。事前に入場券を配布し、検温、マスク着用など感染予防対策を実施して開催した。

「十勝毎日新聞」電子版より

https://kachimai.jp/article/index.php?no=521458