北海道空知郡 南富良野町立南富良野小学校、南富良野西小学校、南富良野中学校 芸術鑑賞会

11月11日(金)

南富良野小学校を舞台に2公演を行いました。午前中は南富良野小学校の全児童を対象としたコンサート、午後は近隣の南富良野西小学校と南富良野中学校の皆さんが乗り入れてコンサートを鑑賞しました。

南富良野小学校、全校生徒数約70名のアットホームな学校です。たくさんの先生が参加されたことも印象に残ります。大人の皆さんが興味を持ってくださる環境だと、子供たちも自然と好奇心豊かに育ちますね!

こちらの学校、第一印象はその素敵な校舎! 10年ほど前に建てられたそうですが、赤レンガ造りにサイロをあしらったデザインが南富良野の豊かな自然に溶け込みます。校舎内には木材がふんだんに使われ、なんとサッシも木製!この町では子供たちが大切にされているのだなぁと言うことが伝わってきます。

体育館のナチュラルな反響が素晴らしく、ほぼ音響なしの生演奏でした‼️めったとない体験です。

子供たちは知っている曲を口ずさみ、リズムに乗って体を動かしたりして音楽を楽しんでいる様子。また四季折々の自然の音色をストリングラフィで表現する「四季のメドレー」では具体的な虫の名前を挙げたり、演奏方法に目を凝らしたりと、自然に育まれた感性の豊かさが伝わってきます。

昼休みに廊下を歩いると、高学年の女の子がやってきて「とても素敵だった。特に秋の虫の声を弾いたところが好きでした。」と伝えてくれました。演奏中に観客席から伝わってきた印象と呼応しますね。次々に子供たちが訪れ、とても楽しかったなどと気持ちを話してくださいました。

午後の公演、南富良野西小学校+南富良野中学校の皆さんが体育館へやってきました。午前中の子供たちのリアクションでノッテきたアンサンブルのメンバー、午後のオープニング曲「小さな世界」では理想としているイメージ通り、勢いのある演奏を実現。すると、驚くような大きな拍手をいただきました。

中学生の皆さんが、大人びた落ち着きと瑞々しい輝きを兼ね備えていることに感銘を受けました。南富良野の厳しい自然の中で仕事をし、生活する大人たちの様子をしっかり見て育っているのだと感じました。

高い天井とふんだんに用いられた木材が生み出す美しい音響、奇跡の響きです!

この回では最後に質問コーナーがありました。「どうして絹糸を使っているのか?」「どうして手袋をはいているのか?」「ブラスバンドに所属しているが、どうやれば息の合った演奏を実現できるのか?」といった質問をいただきました。どれもとても良い質問ですね。これをきっかけに一歩踏み込んだストリングラフィの楽器作り、演奏するときの心構えなどについてお話しすることができました。

公演後、伺ったところによるとコンサートを鑑賞された教育長の方が深く感動され、「次回は町民の皆様にも聞く機会を作りたい」とおっしゃったそうです。これは嬉しいです!

ところで、南富良野町は「幻の魚・イトウが棲む町」として知られています。町内を流れる空知川やかなやま湖に、絶滅危惧種に指定されたイトウが生息しているのです。イトウはサケ科魚類に属する国内最大級の淡水魚で、大きい個体は1m以上にも達するそう!この大きさになるまでには15年ほどかかるというのは驚きです。大型のイトウが生息しているのは生物多様性が保存されている事のシンボルなのですね❣️

今回のコンサートを担当してくださった大光明さん、実はイトウのエキスパート!サイエンティストだけあり、ストリングラフィのサイエンティフィックな側面に興味を持ってくださいました。ストリングラフィの芸術鑑賞会は「鑑賞」だけに終わらず、クラスルームに持ち帰って、いろいろな展開ができるところが魅力的だと言っていただけたことは大きな収穫でした。

プロジェクト名 : 芸術鑑賞会
実施日:2022年11月11日(金)
主催:北海道空知郡南富良野町教育委員会
         (担当: 大光明(おおみや)宏武さん)
エージェント:(株)ベストサポート舎
                        (担当: 安藤知春さん)
出演者:水嶋一江、KIKU、篠原もとこ
会場:南富良野小学校体育館
時間:① 10:30 – 11: 45 ②  13:30 – 14: 45
観客:①  南富良野小学校全校生徒 
   ②  南富良野西小学校全校生徒
      南富良野中学校全校生徒

北海道南富良野町スクールコンサートツアー 1日目 ノリ&仕込み

11月10日(木)

11時、羽田空港発SKYで新千歳空港へ(12:35ちや着)。(株)ベストサポート舎の安藤さんの車で南富良野町へ向かいます。

南富良野にある「幾寅駅」、名作映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地です。仕込みが始まる前の時間を利用し、ロケ地巡礼を行いました🛤️

映画の中では「幌舞駅」。映画の風景そのもののセットが保存されています。

夜ご飯は10年以上前に富良野のこども劇場さんにお招きいただいた際伺い印象に残っていた「くまげら」を再訪、名物の「ふらの和牛丼」を堪能しました🍚

会場の南富良野小学校、赤レンガにサイロを組み合わせたデザイン、雄大な自然に溶け込んだ素敵な校舎です。

体育館での仕込み(15:15 – 18:00)

11月の北海道と言うことで、ばっちり寒さ対策‼️例年よりも暖かいと言うことでホットしました。

青森県藤崎町 中学校鑑賞授業  のり&仕込み&リハーサル

4月11日(日)

明日のコンサートの準備で青森県にやってきました。(13:15羽田空港発JAL 145便✈️ 14:30青森空港着)

真夏の青森は初めて。 意外に蒸し暑いです。木々や夏草の密度が濃い🌳🌳🌳冬の青森しか知らなかったので、新鮮です

ねぶたの前で(青森空港)
青森の民芸&文化をテーマとしたステンドグラス(青森空港)
ステンドグラス細部(青森空港)
青森空港に着いた途端テンション⤴️

藤崎町文化センターホールでのリハーサル風景。(仕込み&リハーサル 15:30 – 19:30)

藤崎町のシンボルフラワーは『藤』
照明も紫のグラデーションが効果的💜
鈴木モモ 重本社長(重本音楽事務所) 篠原もとこ
鈴木モモ
篠原もとこ
ホールのスタッフの皆さんと音響&照明について打ち合わせ

短い仕込み時間でしたが、ホールの舞台関係の技術者の皆様の協力で音響&照明、効果的に仕上がりそうです😀

明日は藤崎町立藤崎中学校&明徳中学校の生徒の皆さんが鑑賞会にいらっしゃる予定です🍎🍏りんごの『ふじ』はこの藤崎町で生まれたと教えていただき、感激🍎🍎🍎

ホテルは弘前に取っていただきました。国道沿いのガードレールもりんごモチーフ🍏🍏🍏朧月夜とのマッチングが青森の夏の思い出となりそうです。

林檎モチーフのガードレールと朧月夜

ホテルでは「金魚ねぷた」が出迎えてくれました‼️

日野子ども劇場例会「糸の森の音楽会」絹糸と紙コップでできた、糸でんわの楽器「Stringraphy ~ストリングラフィ」

3月20日(土)

2020年に予定されていた企画、コロナウィルス拡大の影響で延期となりましたが、日野子ども劇場の皆様そしてご関係者の皆様のご努力で、同年度内に実施することができました!コロナに加え、希望の会場であった「ひの煉瓦ホール」の改築が重なったりと様々な困難を乗り越えての例会となりました。なんと今日3月20日(土)は他の市民の方が押さえていらした枠を、子ども劇場の皆さまの窮状をご覧になって譲ってくださったそうです!見えないところでも多くの方々に支えられていることを改めて実感しました💛

0

赤煉瓦が印象的な改築後の「ひの煉瓦ホール」。実はこのホール&日野子ども劇場例会で演奏するのは20年ぶり!

ホールの名称の由来となった『日野煉瓦』は明治20年(今から約120年前)に製造され、鉄道建築などに使われたそうです。ストリングラフィが絹糸でできていいるため、各地を訪れるとつい「養蚕」「生糸」「絹織物」文化に目が行きます。日野にも『桑ハウス』といういう絹産業遺産が存在します。

煉瓦も養蚕も明治時代の産業遺産、いつか訪れてみたいものです!

1
コンサート会場となった「ひの煉瓦ホール」 
小ホール階段・吹き抜けの大壁には「日野の四季」を表現したモザイク画が来場者を迎えます

高度成長期、東京都心のベッドタウンとして発展した街、多いときは1000人規模の観劇やツアーなどを企画したそうです。そんな皆さんの支えるバックステージは完璧かつ温もりがあります。

受付では会員さん手作りのアームカバーを販売!ステイホームで家事に時間がアップする今、とっても便利ですね!

2

楽器の仕込み風景。木のぬくもりが眼にも耳にも心地よいすてきな空間です。ナチュラルな反響が美しく、今回のプログラムにある「森の記憶」(ストリングラフィが生まれた月山の麓の森をイメージしたオリジナル曲)を演奏しながら、やさしい「木」のエコー「木魂?」に包まれました。

3

今回は完全予約制で客層を把握、大人が40名、子どもが14名(ほとんどが会員の家族やその友人)という前提で客席作りを行いました。前面にblueシートを敷き、子どもたちを誘導。約40の椅子席は充分なディスタンスを取りました。

4

「パプリカ」などの演目では、子どもたちが無邪気に踊る様子もパフォーマンスの一部となり、周りの大人&私たち演奏者を和ませてくれました。

66906204-E9BA-4059-B0A4-CF159B249DFA

今回のプログラムはいわばハイブリッド、前半がファミリー向けの「糸の森の音楽会」、後半がオリジナルを中心とした「森の記憶」の内容でした。

子ども劇場・おやこ劇場」のシステムは1960年代に福岡市始まり、その後全国に広まりました。一時は全国60万人の親子が会員になったともいわれます。今、少子化が進む中、その経験が地域のニーズを救い上げ、ファミリーのみならずシニアも含めた市民が広く関わってゆく内容に変貌するのは素晴らしいことだと感じました。

10

コンサートの感想が寄せられました!どれも素晴らしい内容と、すてきな表現&ことば!了解を得て掲載させていただきます。

21
感想1&2
22
感想3&4&5

今回は事前に主催者サイドとコミュニケーションを取る中で。大人:子ども=4:1の割合でああることが判明、オリジナル曲なども取り入れ、幼児からシニアまでお楽しみいただける内容を工夫しました。目がヒット中の「鬼滅の刃」より「紅蓮華」をレパートリーに加え、この日初披露でした!!

C43C90F5-3A6F-42CA-95FE-D0A2F6BF6B20

テキストの画像のようです
日野子ども劇場例会「糸の森の音楽会」チラシ 表
1人、立っている、テキストの画像のようです
日野子ども劇場例会「糸の森の音楽会」チラシ裏

プロジェクト名:日野子ども劇場例会「糸の森の音楽会」絹糸と紙コップでできた、糸でんわの楽器「Stringraphy ~ス
トリングラフィ」
主催:NPO法人 日野子ども劇場
後援:日野市教育委員会            
エージェント:
出演者:水嶋一江、KIKU、田實峰子
制作:鈴木モモ
会場:ひの煉瓦ホール・小ホール
仕込み&リハーサル:09:00 – 12:00
時間:14:00 – 14:50
観客:大人33名 子ども13名 シニア7名