Concert at the “Saitama Children’s Medical Center” 病気とたたかう子どもたちの芸術との出会い 埼玉県立小児医療センター

3月14日(木)
Concert at the “Saitama Children’s Medical Center”.
We have been delivering concerts to the “Saitama Children’s Medical Center” over several years.

昨年末にさいたま新都心に移転、今年1月から外来診療もスタートした「埼玉県立小児医療センター」。蓮田にセンターがあった時代から数年にわたってコンサートをお届けしています。


院内のあちこちに「楽器」をテーマにしたキャラクターがいます。
入り口で出迎えてくれたり、そっと見守ってくれたり。
よーくみると窓ガラスや壁画など、いろーんなところに五線譜や音符など、音楽のモチーフが隠れているよ。

毎回「埼玉県立小児医療センター」のスタッフの皆さんの献身的な仕事ぶりに感銘をうけます。てきぱきした動きと明るさと配慮、こういった現場に必要な資質は何なのか、勉強になります。

数年にわたる活動の中で周知が進み、たくさんの子供とご家族、スタッフの皆さんが参加してくださいました。
体験コーナーも人気で、特に気に入った子供たちはいつまでもいろいろな音を出して工夫していたのが印象的です。

プロジェクト名:シアタースタート~病院バージョン 病気とたたかう子どもたちの芸術との出会い
主催:特定非営利活動法人子ども文化ステーション
演奏者:水嶋一江、鈴木モモ、田實峰子、蓮見郁子
制作:鈴木モモ
場所:埼玉県立小児医療センター内講堂
時間:①14:10 – 15:00  ②15:30 – 16:20
参加者:①入院患者&家族、スタッフなど 約70名 ②入院患者&家族、スタッフなど 約90名

広告

医療法人土屋小児病院コンサート シアタースタート~病院バージョン 病気とたたかう子どもたちの舞台芸術との出会い事業

11月29日(火)
入院中の子供たち&保護者の皆さん&病院スタッフの皆さんに、ちょっぴり早いクリスマスコンサートをお届けしました。
特定非営利活動法人子ども文化ステーション主催のこの事業、冬の恒例となりました。
最初は静かだった小さな子供たち。コンサートの進行につれ、明るい表情が広がっていきます。
リズムをとったり、歌ったりする子どもも。
最後の参加コーナーは自由に音を出せるシステムなので、各々自分のペースで音を楽しんて下さっている様子でした。
1
今年から赴任された院長先生、音楽が大好きとのこと。
2
ご家族に嵐ファンがいらっしゃるときき、みんなで「ワクワク学校」に出演した時の決めポーズで記念撮影。
3

プロジェクト名:シアタースタート~病院バージョン 病気とたたかう子どもたちの舞台芸術との出会い事業
主催:特定非営利活動法人子ども文化ステーション
演奏者:水嶋一江 鈴木モモ、蓮見郁子
制作:田實峰子
場所:医療法人土屋小児病院 講堂
時間:13:00 – 13: 50
参加者:入院患者10名、保護者&医療関係者25名

シアタースタート~病院バージョン 病気とたたかう子どもたちの舞台芸術との出会い事業

11月25日(水)
埼玉県立小児医療センターでは数年にわたって「病気とたたかう子どもたちの舞台芸術との出会い事業」を継続していただいています。1回目からずっと関わってくださっているスタッフが中心となって企画を進めているため、年々より多くの患者さんに聴いていただけるよう、時間設定などを工夫していただいています。今回は2度目のコンサート開始時間を、病院から学校へ通っている子供たちの帰院時刻と合わせていただいたため、付添いも含めて70人程の参加をいただきました。継続のパワーを実感しました。
2

3

プロジェクト名:シアタースタート~病院バージョン 病気とたたかう子どもたちの舞台芸術との出会い事業
主催:特定非営利活動法人子ども文化ステーション
演奏者:水嶋一江 鈴木モモ、蓮見郁子
制作:八重樫みどり
場所:埼玉県立小児医療センター
時間:①14:00 – 14:45 ②15:10 – 15:55
参加者:①入院患者10名、付添い&家族など約15名 ②入院患者29名、付添い&家族など約40名

シアタースタート~病院バージョン 病気とたたかう子どもたちの舞台芸術との出会い事業

10月29日(木)
土屋小児病院では3年連続、同企画でストリングラフィのコンサートをお招きいただいています。こどもとそのご家族が、安心して医療を受けられるような配慮が各所に見られます。カフェテリアや化粧室のデザインも明るくておしゃれ。病院にいることを忘れてしまいそうです。
「病気とたたかう子どもたちの舞台芸術との出会い」というプロジェクトの趣旨にも、深いご理解を頂き、病院関係者の皆様が熱心に参加して下さることに感銘を受けます。
今後も継続していただきたい事業の1つです。
1resize0627

2

3

4

プロジェクト名:シアタースタート~病院バージョン 病気とたたかう子どもたちの舞台芸術との出会い事業
主催:特定非営利活動法人子ども文化ステーション
演奏者:水嶋一江 鈴木モモ、蓮見郁子
制作:八重樫みどり
場所:医療法人土屋小児病院 講堂
時間:13:00 – 13: 50
参加者:入院患者5名、保護者&医療関係者35名

病気とたたかう子ども達の舞台芸術との出会い事業

11月25日(火)

プロジェクト名:病気とたたかう子ども達の舞台芸術との出会い事業
主催:NPO法人子ども文化ステーション
出演者:水嶋一江、鈴木モモ、蓮見郁子
会場:埼玉県立小児医療センター会議室(さいたま市岩槻区)
時間:① 14:00 – 14:45 ② 15:05 – 15:50
観客:① 約50名 ② 約40名

小児医療の専門病院の老舗です。たくさんの子供たち、ファミリー病院スタッフの皆さんがコンサートに参加してくださいました。「レットイットゴー」はここでもやっぱり大人気です。あっという間に1月後はクリスマス。アンコールはクリスマスソングで締めくくりました。

resize0125

 

resize0126

 

resize0127

 

resize0129

 

resize0130