「絹の道」と「平和」 The Peace Event in Midsummer “Musical Forest in Machida City”「糸の森の音楽会(夏の平和イベント」in 町田市

7月31日(月)July 31, 2017 (Mon.)
                     写真撮影:重本昌信

「町田市生涯学習センター」では、毎年平和を祈念する事業として、夏の平和イベントを続けて行っているそうです。『当時を語れる方たちは高齢化し、直接お話しを聞くことは年々難しくなっています。町田および日本が経験してきたアジア・太平洋戦争を振り返り、“戦争の悲惨さ”“平和の尊さ”について改めて考えていただく機会となりますよう、今年も開催いたします。』(町田市ホームページより)今日の「糸の森の音楽会」もその一環として企画されたものです。
1曲目に演奏したのはは“It’s a Small World”。ディズニーランドのアトラクションにもなっている「小さな世界」、実はウォルト・ディズニーが平和へのメッセージを込めて創ったものです。1964年のニューヨーク世界博覧会でユニセフからの依頼により作成されたパビリオンが原型となっています。ディズニーは「人種や性別、国籍、言語の違いがあっても子供たちはすぐに友達になれる。喧嘩しても泣いて笑ってあっという間に仲直りしてしまう。これこそが平和の世界ではないか」→「平和な世界」=「子どもたちの世界」と考えました。“It’s a Small World”誕生の由来を知ると、今日のコンサートの幕開けにふさわしいと思い、冒頭に演奏することにしました。

We had a concert at the “Machida City General Center for Lifelong Learning Centre” yesterday. Machida is the place where I was born. I have nice memories of Chinese milk vetch field and spinney.

                          写真撮影:重本昌信

定員158名の所207名の応募をいただき抽選を行ったそうです。当日は赤ちゃん連れファミリーから小学生、シニアの方々まで、幅広い層の町田市民の皆様がいらっしゃいました。私は町田の高ヶ坂団地で生まれ3歳まで過ごしたこともあり、町田の子供たちがストリングラフィを聴きに来てくれたことが、とても嬉しかったです!
                          写真撮影:重本昌信

町田には「絹の道」があります。幕末から明治にかけて、八王子方面方町田を経て横浜港まで生糸を運んだ道で、「浜街道」と呼ばれました。当時、原町田周辺には桑畑が広がり、養蚕を行う兼業農家がたくさんあったそうです。
実はこの「絹の道」=日本の「ミニ・シルクロード」はもうひとつ大切なものを運んでしました。自由・平等・人権思想などです。こういった思想は今日の市民活動にも継承されているそうです。
今日のような「平和を考えるイベント」が継続して行われている背景には「絹の道」が運んだ高い市民意識が息づいているのかもしれませんね。

                          写真撮影:重本昌信

「町田市生涯学習センター」は駅から徒歩3分、MACHIDA109の6F&7Fにあります。アクセスしやすいこともあり、稼働率の高さに目を見張りました。朝仕込みに入るとシニアの皆さんのサークルが開かれていますし、夕方帰るころには中高生がロビーで話したりゲームをしたりしています。スタジオではダンスのレッスンが行われたり、歌のサークルが活動していたり、いつ覗いても活気があります。職員の皆さん、市民の自主的な活動を支えるというスタンスがすばらしいです。「糸の森の音楽会」コンサートも、担当の職員の方はもちろんのこと、非番の方まで音響オペレーターとして駆けつけてくださり、感動しました。
                          写真撮影:重本昌信

生まれ故郷の町田、改めていいところだなと温かい気持ちになりました。また機会があれば、0歳から楽しめる「糸の森の音楽会」&一般向けコンサート「繭の色の演奏会」、それから小学生のためのサイエンスコンサートなどもお楽しみいただきたいなぁと夢が膨らみました。

                          写真撮影:重本昌信

プロジェクト名:「糸の森の音楽会」Musical Forest
主催:町田市生涯学習センター
出演者:水嶋一江、KIKU、鈴木モモ
制作:八重樫みどり
会場:町田市生涯学習センター7階ホール
“Machida City General Center for Lifelong Learning Center”
時間:14:00 – 15:00
観客:142名

Musical Forest in Machida City (Tokyo) Preparation 町田市生涯学習センター「糸の森の音楽会」仕込み

7月30日(土)July 30, 2017 (Sat.)

明日は「町田市生涯学習センター」のホールで「糸の森の音楽会」を行います。(生涯学習センターでは、毎年平和を祈念する事業として、夏の平和イベントを続けて行っています。明日のコンサートはその一環です。)今日は仕込み。

高木さん始め担当部署の皆様のご協力で、ホールがすてきは弦楽器に変身!松田さん(マイク調整中)には、音響&照明まで担当していただきました。明日コンサート当日は休日の所、オペレーターをやっていただけることになり、感謝です!


お蔭様で定員を大きく上回る応募をいただき、抽選を行ったという事です。嬉しいソルドアウトです!
Photo by Momo Suzuki


町田駅への帰り道、「絹の道 中央通り」のプレートに気が付きました。幕末から明治にかけて、八王子から横浜へかけて、「絹」を運ぶ和製シルクロード=浜通りの中間地点が「原町田」だったとか。当時は桑畑、養蚕農家が周辺に広がっていたそうです!

糸の森の音楽会 Musical Forest

7月26日(水)July 26, 2017 (Wed.)


It was raining this morning. Several babies came to the concerts with their families. Every baby has a unique reaction to music. A one year old girl stretched out her neck towards the string.

8 months old baby fell into sound asleep. Everybody enjoyed the peaceful atmosphere created by baby’s existence.

午前中は雨。小さなお子様連れのお出かけ、心配しましたが、0,1,2歳+ファミリーを中心に集まっていただき、赤ちゃんの醸し出す、まどろむような温かい雰囲気の音楽会になりました。つぶらな瞳でのりだすように糸を見つめている赤ちゃん、高速ハイハイで糸をくぐって向こう側へ行ってしまう赤ちゃんと慌てて追いかけるママ。音に対するリアクションにも個性が見られます。

A few elementary school children attended the afternoon program. One of them, 8 year old girl became very interested in the Stringraphy. She has decided to study about the Stringraphy as her “Summer Science Project”. She will come to the Studio in August with a lot of questions about the Stringraphy. Great!!

午後の公演は、夏休みの小学生も数人参加しました。その中の1名、8歳の女の子がストリングラフィにたいへん興味を持ってくださり、自由研究のテーマにしようと決意、8月にスタジオへ来て質問をしたいということです。こういった反応をいただけるのは最高にうれしいです!

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:鈴木モモ、蓮見郁子、田実峰子、水嶋一江
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:①11:00 – 12:00 ②14:00 – 15:00
観客:①おとな9名 こども6名 ②おとな11名 こども4名

A Happy Moment before the Concert コンサート前のひととき

7月26日(水)July 26 2017 (Wed.)

We had 2 concerts for small children & their families today. Neko chan, a Stringraphy player brought her daughters.
ITO chan, 7 years old helped her mother braiding her hair in three strands.
“Take a look at this! I did it!”
MIO chan, 4 years old also tried to braid her Mom’s hair.
It was so close!

今日は「糸の森の音楽会」。ネコちゃんは2人の娘を持つママプレーヤーです。今は学校も幼稚園も夏休み、ということで、今日のコンサートは子連れです。
髪をセットしている時のこと、「三つ編み苦手なの・・・」というママの一言に、「私がやってあげる!」とお姉さんのITOちゃん、7歳が飛んできました。「見て見て!これ私が編んだのよ!」by ITO。「上手にできたね!」by Stringraphy Ensemble。これを見ていた妹のMIOちゃん、4歳。「私もやってあげる!」by MIO。逆サイドの髪の毛を三つ編みしようと真剣です。かなりいい線いったけど、ちょっと難易度が高かったかな?
2人の娘はママのファンを公言し、応援してくれています。
頼もしいですね。

糸の森の音楽会 Musical Forest

6月25日(日)June 25, 2017 (Sun.)


We felt happy to watch children from many countries singing together. They enjoyed Japanese action songs, Disney songs and classical music.
「糸の森の音楽会」午後の会は、飛び入り参加もあり国際色豊かなコンサートとなりました。手遊び歌やディズニーソングなど、いろいろな国の子供&おとなが一緒に歌って遊ぶ1時間、梅雨空を吹き飛ばす賑やかさです。

今日の「糸の森の音楽会」とっても嬉しいことがありました。
ストリングラフィ最初期のメンバー、チロちゃんがファミリーで聴きに来てくださったのです! 国際交流基金主催のインド&ネパールツアー(1999)でも活躍したプレーヤーです。6か月のKAOくん、これがコンサートデビューだそうです。ご両親譲りで音楽大好き、アップテンポな曲に合わせて、あんよでリズムをとっていましたよ。
One of the very first members of the Stringraphy Ensemble, CHIRO-chan visited “Musical Forest, a concert for kids and their families” with her family. This is our first time seeing each other in about 15 years. She has become a mother of 6-month-old boy! This was his first concert. He felt the rhythm and moved his legs.


Chieko chan joined to the concert with her son and her daughter yesterday. I used to teach her the Piano when I was a music school student.LULU made friends with children.
“I am the oldest! “ by LULU (10 years old)
私が桐朋学園作曲科時代にピアノをお教えしていたチエコちゃんが子供2人といっしょに「糸の森の音楽会」に参加!「子犬のワルツ」「トルコ行進曲」発表会に向けて練習したことが思い出されます。
ルル(オカメインコ)は子供が大好き。一緒に遊んでもらいました。これでもルル(10歳)が一番お姉さんなんですよ!

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:鈴木モモ、蓮見郁子、田実峰子、水嶋一江
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:①11:00 – 12:00 ②14:00 – 15:00
観客:①おとな12名 こども5名 ②おとな14名 こども8名