糸の森の音楽会 Musical Forest

9月24日(日) September 24, 2017 (Sun.)

「糸の森の音楽会」は、参加したりハイハイしたり、0歳の赤ちゃんからフリースタイルでお楽しみいただけるコンサートです。

ストリングラフィ初期のメンバーだった栗原さんが6歳のお嬢さんを連れて「糸の森の音楽会」へ来てくれました!約15年ぶりの再会です。1999年にインド&ネパールツアーに参加した時は大学生だった栗原氏、やさしいパパになっていて感激です。Kiyoshi is one of the very first members of the Stringraphy Ensemble. He brought her 6 year – old daughter to the “Musical Forest”.
He joined India & Nepal tour in 1999.

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:鈴木モモ、蓮見郁子、田実峰子、水嶋一江
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:①11:00 – 12:00 ②14:00 – 15:00
観客:①おとな名 こども名 ②おとな名 こども名

広告

「糸の森の音楽会」Musical Forest 主催:江戸川区総合文化センター (『音の絵本』シリーズから「ブレーメンの音楽隊」)

9月3日(日)September 3, 2017 (Sun.)

江戸川区総合文化センターでの「糸の森の音楽会」(主催:江戸川区/江戸川区総合文化センター指定管理者サントリーパブリシティサービスグループ)。秋晴れの日曜日、たくさんのファミリーが訪れました。

We had two concerts at the “Edogawa-ku Cultural Center” on 9/3. It was a fine autumn Sunday. Many families with small kids came to our concerts. Photo by Keita Asai

江戸川区総合文化センターでのコンサート。午前の部は学齢前の子供たち+ファミリーを対象にしたプログラム。クラシックや童謡などの演奏に加えて、『音の絵本』シリーズから「ブレーメンの音楽隊」を上演しました。『音の絵本』はストリングラフィの音や音楽で楽しむ「おはなし」の世界です。「言葉」と「音」からイマジネーションの世界が広がっていきます。

We performed “Town Musicians of Bremen”. We have been creating “Music Tale “series. The idea is expressing the imaginative world of the story with sounds and music performed by the Stringraphy.

午後の部は小学生+ファミリーを対象にコンサートを変えて行いました。Photo by Keita Asai

キラキラ星に挑戦してくれた女の子。演奏する姿もキラキラしていましたよ!

コンサート後は壁沿いにしつらえた体験コーナーで「演奏体験」。Photo by Keita Asai

プロジェクト名:「糸の森の音楽会」Musical Forest
主催:江戸川区総合文化センター
出演者:水嶋一江、鈴木モモ、田實峰子、蓮見郁子
制作:八重樫みどり
会場:江戸川区総合文化センター展示室(1F)
時間:① 11:00 – 11:50 ② 14:00 – 15:00
観客:①71名(内招待14名)※大人39名、3歳以上20名、3歳未満11名
② 47名 ※大人30名 小学生以上17名

糸の森の音楽会 Musical Forest

8月27日(日)August 27, 2017 (Sun.)

1 to 2 year old toddlers and their family came to “MUSICAL FOREST” today.
8月の「糸の森の音楽会」、1~2歳の子供たちとそのファミリーが集まりました。

Music makes children feel soothed and relaxed.音楽を聴いてるうちに気持ちよくなって・・・夢の世界へ・・・

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:鈴木モモ、蓮見郁子、田実峰子、水嶋一江
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:①11:00 – 12:00 ②14:00 – 15:00
観客:①おとな12名 こども8名 ②おとな3名 こども2名

「絹の道」と「平和」 The Peace Event in Midsummer “Musical Forest in Machida City”「糸の森の音楽会(夏の平和イベント」in 町田市

7月31日(月)July 31, 2017 (Mon.)
                     写真撮影:重本昌信

「町田市生涯学習センター」では、毎年平和を祈念する事業として、夏の平和イベントを続けて行っているそうです。『当時を語れる方たちは高齢化し、直接お話しを聞くことは年々難しくなっています。町田および日本が経験してきたアジア・太平洋戦争を振り返り、“戦争の悲惨さ”“平和の尊さ”について改めて考えていただく機会となりますよう、今年も開催いたします。』(町田市ホームページより)今日の「糸の森の音楽会」もその一環として企画されたものです。
1曲目に演奏したのはは“It’s a Small World”。ディズニーランドのアトラクションにもなっている「小さな世界」、実はウォルト・ディズニーが平和へのメッセージを込めて創ったものです。1964年のニューヨーク世界博覧会でユニセフからの依頼により作成されたパビリオンが原型となっています。ディズニーは「人種や性別、国籍、言語の違いがあっても子供たちはすぐに友達になれる。喧嘩しても泣いて笑ってあっという間に仲直りしてしまう。これこそが平和の世界ではないか」→「平和な世界」=「子どもたちの世界」と考えました。“It’s a Small World”誕生の由来を知ると、今日のコンサートの幕開けにふさわしいと思い、冒頭に演奏することにしました。

We had a concert at the “Machida City General Center for Lifelong Learning Centre” yesterday. Machida is the place where I was born. I have nice memories of Chinese milk vetch field and spinney.

                          写真撮影:重本昌信

定員158名の所207名の応募をいただき抽選を行ったそうです。当日は赤ちゃん連れファミリーから小学生、シニアの方々まで、幅広い層の町田市民の皆様がいらっしゃいました。私は町田の高ヶ坂団地で生まれ3歳まで過ごしたこともあり、町田の子供たちがストリングラフィを聴きに来てくれたことが、とても嬉しかったです!
                          写真撮影:重本昌信

町田には「絹の道」があります。幕末から明治にかけて、八王子方面方町田を経て横浜港まで生糸を運んだ道で、「浜街道」と呼ばれました。当時、原町田周辺には桑畑が広がり、養蚕を行う兼業農家がたくさんあったそうです。
実はこの「絹の道」=日本の「ミニ・シルクロード」はもうひとつ大切なものを運んでしました。自由・平等・人権思想などです。こういった思想は今日の市民活動にも継承されているそうです。
今日のような「平和を考えるイベント」が継続して行われている背景には「絹の道」が運んだ高い市民意識が息づいているのかもしれませんね。

                          写真撮影:重本昌信

「町田市生涯学習センター」は駅から徒歩3分、MACHIDA109の6F&7Fにあります。アクセスしやすいこともあり、稼働率の高さに目を見張りました。朝仕込みに入るとシニアの皆さんのサークルが開かれていますし、夕方帰るころには中高生がロビーで話したりゲームをしたりしています。スタジオではダンスのレッスンが行われたり、歌のサークルが活動していたり、いつ覗いても活気があります。職員の皆さん、市民の自主的な活動を支えるというスタンスがすばらしいです。「糸の森の音楽会」コンサートも、担当の職員の方はもちろんのこと、非番の方まで音響オペレーターとして駆けつけてくださり、感動しました。
                          写真撮影:重本昌信

生まれ故郷の町田、改めていいところだなと温かい気持ちになりました。また機会があれば、0歳から楽しめる「糸の森の音楽会」&一般向けコンサート「繭の色の演奏会」、それから小学生のためのサイエンスコンサートなどもお楽しみいただきたいなぁと夢が膨らみました。

                          写真撮影:重本昌信

プロジェクト名:「糸の森の音楽会」Musical Forest
主催:町田市生涯学習センター
出演者:水嶋一江、KIKU、鈴木モモ
制作:八重樫みどり
会場:町田市生涯学習センター7階ホール
“Machida City General Center for Lifelong Learning Center”
時間:14:00 – 15:00
観客:142名