飯田市公立保育園研修会

5月25日(土)
「飯田市公立保育園研修会」はこれまでにない内容のイベントでした。
レクチャー(30分)、子供向けコンサート「糸の森の音楽会」(30分)、ワークショップ(30分)、一般向けコンサート「森の記憶」(30分)とストリングラフィ・アンサンブルの総力を結集した内容となりました。
飯田市では『いいだ型自然保育』(信州やまほいく)といって、豊かな地元の自然の中で保育をするというすばらしい伝統とメソッドがあります。
ストリングラフィが山形県月山の山の麓で生まれ、日本の風土で27年間育まれてきた経緯と重なる点がたくさんあります。
ストリングラフィが子供たちを対象としたコンサートなどを通じて、学び成長していった過程を、社会とのかかわりも交えてお話ししました。

<第1部> 講話「ストリングラフィについて、楽器の誕生→進化とこどもたち」30分
MC: 水嶋 挨拶 ニックネーム 「ストリングラフィ初めて? まず1曲」
○アイネクライネナハトムジーク
- ストリングラフィの誕生 月山の森エピソード 1992年
- 水嶋バックグラウンドからストリングラフィへ 桐朋学園大学作曲科 UCDS作曲科修士課程
- アートシーンでのストリングラフィ 1996年まではプロデュース作品 アートフェス
- ストリングラフィ・アンサンブル結成 1996年 美術館&海外フェス
- 子ども劇場との出会い 1999年(柏崎&長岡子ども劇場)2000年80か所 宮崎県以外
- 子どもとストリングラフィ(テーオーシー保育園)2001年(平塚幼稚園、目黒区)
- 「糸の森の音楽会」 2008年(杉並区の先進的な取り組み『子育て応援券』※1に触発されて生まれた企画。(コンサートへ行く機会が少ない学齢前の子供とファミリーを主な対象、季節の歌・手遊び・スキンシップ)
(時代の変化、ママ&子ども→ママ&パパ&子ども→パパ&子ども)
- 科学館 サイエンスコンサート 2001年(「でんきの科学館」サイエンスパーティ名古屋)
『糸の実験』実体験を通じた学び・ストリングラフィの多面性(音楽・美術・科学・ダンス)、物事を多面的にとらえることへのヒント、五感での体験
- 小学校鑑賞事業 2001年 (立教小学校、年/20-30校→400校)
- 絹糸 日本には養蚕&蚕糸技術長い歴史と豊かな文化がある。国産シルク0.3%
2018年「貞明皇后蚕糸記念科学技術研究助成金」日本産の絹糸でのストリングラフィ製作
信州の絹糸で参加コーナー
(宮坂製糸所 錦秋×鐘和 長野県上伊那産の繭を使用、生糸は自動繰糸42デニール)
- クリエイティビティ オリジナリティ 豊かな人生とは
- ここからは先ほどお話しした「糸の森の音楽会」を体験していただきましょう。保育園で子どもたちと、また親子で参加しているイメージで、五感でコンサートをお楽しみください。またストリングラフィの特徴、体育館を世界に1つしかない大きな楽器にして演奏する、を体感していただくため、席替えを行いたいと思います。こちらとあちら、お好きな場所へ移動してご覧ください。

続いて、この11年来ストリングラフィ・アンサンブルが力を入れている、「糸の森の音楽会」(0歳から楽しめるコンサート)の実演です!さすが保育士の皆さん、歌ったり手拍子をしたり、楽しく参加しながら聞いてくださいました。
<第2部>「糸の森の音楽会」30分
○ It’s a Small World
○ クラリネットこわしちゃった
○ 森のくまさん
○ ぞうさん
○ アイアイ
○ バスごっこ
○ ミッキーマウスマーチ
○ 春
○ 四季のメドレー
○ 恋
○ パプリカ
10分休憩(松脂塗)

続いて実践編。たくさんの参加者の皆様にストリングラフィで動物の声などを出していただきました。ちなみにこのセクションで使用しているストリングラフィ、上伊那産の繭から作られた日本産のシルクで製作したものです!
<第3部> 「参加型ンサート」30分
☆ 太鼓の音
言葉のリズムあそび
「おもちゃのチャチャチャ」
☆ 鳥のさえずり声
「山の音楽家」
☆ キラキラ星
☆ 長音階「2人挑戦」
☆ キラキラ星(6人参加者)Fキラキラチーム6人
☆ 観客席 手持ちストリングラフィぽんぽんグラフィ(2人) 青(タ~ンタ~ン)+銀(タッタッタン) 蓮見&田實デモ
ぽんぽんチーム2人 リズムを掛け合う→自由に掛け合う(コミュニケーション)
ぴよぴよグラフィ 交互に鳴く 赤→銀→赤→銀 KIKU&田實デモ
ぴよぴよチーム2人
☆キラキラ星のメロディと合奏
① ぽんぽんチーム2人 リズムを掛け合う→自由に掛け合う(コミュニケーション)
② キラキラチーム6人
③ ぴよぴよチーム2人
☆ 質問コーナー
5分休憩(調弦)

最後にストリングラフィが誕生した森をイメージして作曲したオリジナル曲「森の記憶」など、ストリングラフィならではの自然と楽器が融合した形のコンサートをお楽しみいただきました。
<第4部>「森の記憶」30分
○ 森の記憶
○ Angel of Rain
○大きな古時計
○ 花は咲く
○ 紫苑「繭の色」より
○ 天鼓
○ 青磁「繭の色」より
○ カノン

<参考資料>鼎みつば保育園 鈴木栄子
飯田市の公立保育園では保育の実践や理論についての講演会や学習会、研修会をしています。
その中で、園長会の主催の研修会もあります。飯田市は豊かな里山の中に保育園があり、その自然を生かした保育をしていこうと“信州やまほいく”をしています。(詳しくはポータルサイトもありますので良かったらご覧下さい)飯田市は『いいだ型自然保育』と言う名称です。
自然を大切に保育をしていく中で、自然の音に耳を傾けることの大切さも感じています。園長会でこういう話をしていてストリングラフィに繋がっていきました。当日は耳を澄ましてきれいな音を聴き、聴く事の大切さを再確認してほしいなと思っています。音を聴くと同じようにお友だちの声にも耳を傾けられるようになってほしいと思います。(新年度が始まって疲れている保育士も多いので癒しの時間にもなるといいかとも思っています)
この研修会の正式名称は「飯田市公立保育園研修会」でいいかと思います。

幼児期の子どもを対象に、屋外での遊びや運動を中心に様々な体験を深め、知力と体力も同時に高めることができるとされる全国的に注目を集める新しいスタイルの保育・幼児教育です。 多様な自然や地域の環境を活かした活動を通じて、子どもたちの知的好奇心や感性が豊かに育まれ、さらに異年齢の集団活動の中でコミュニケーションや社会性、自尊心や自己肯定感の向上も期待できます。 長野県では、2015年より「信州型自然保育認定制度」をスタートし、より親しみやすいよう「信州やまほいく」を愛称として普及に取り組んでいます

※1 「杉並子育て応援券」とは、一時保育、子育て相談、子育て講座などの有料の子育て支援サービスに利用できる券(チケット)を、就学前のお子さんがいる家庭に発行し、サービスを利用しやすくすることで、地域の子育てを支援するものです。応援券が利用できるサービスは、子育て家庭が地域の中でいろいろな人と関わりながら子育てをするきっかけとなるものとし、杉並区が登録基準を定めています。その基準を満たしたサービスを提供できれば、たとえ小さな団体でもサービスの提供事業者として登録できます。しかし、最終的に登録されたサービスの中からどのサービスを利用するかは、利用者自身の選択となります。そして、利用者が選んだサービスを提供した事業者に、杉並区が応援券相当分の代金を支払うというのがこの応援券のしくみです。

プロジェクト名:飯田市公立保育園研修会
主催:飯田市公立保育園・園長会
出演者:水嶋一江、KIKU、田實峰子、蓮見郁子
制作:八重樫みどり
会場:さんとぴあ飯田 体育館
時間:①<第1部> 水嶋一江 講話 「ストリングラフィについて、楽器の誕生→進化とこどもたち」11:30 –12 :00
②<第2部> 「糸の森の音楽会」12:00 –12 :30
<休憩 10分>
③<第3部> 「参加型ンサート」12:40-13:10
<休憩 5分>
④<第4部> 「森の記憶」13:15-13:45
観客:飯田市公立保育園、11保育園から100名の保育士の方が参加

広告

「信州花フェスタ2019」ストリングラフィ・アンサンブル「糸の森の音楽会」

5月12日(金)
「母の日」の今日、「信州花フェスタ2019」に参加。菜の花畑にほど近い、あずみの学校・多目的ホールで演奏会「糸の森の音楽会」を催しました。
安曇野の木々と小川に囲まれた「あずみの学校」、地元の木材を生かしたノスタルジックな雰囲気の建物です。素朴で自然な響きがストリングラフィの演奏にピッタリマッチ。予想を大きく上回るお客様が参加してくださいました。
参加コーナーでチャレンジしてくださった男の子のリアクションが初々しくて会場中にほのぼのとした雰囲気に包まれました。

「信州花フェスタ」のコンセプトに呼応して、今回「花は咲く」を新しくレパートリーに取り入れ、アンコールで演奏させていただきました。美しい曲ですね。私事ですが4か月前に父を亡くしたばかり、「今はただ なつかしい あの人を 思い出す」の一節では自然に感情がのってしまいますね。音楽には記憶を蘇らせてくれる力があると聞きますが、実感しまています。

「参加コーナー」ではストリングラフィ27年の歴史始まって以来初めての試み、日本産(宮坂製糸所製作:上伊那産、錦秋×鐘和という品種の繭からとられた生糸で制作した穴糸)の絹糸でストリングラフィを製作、鳥のさえずりにチャレンジしました!

「山の音楽家」の演奏に合わせ、参加者の皆さんが信州産ストリングラフィで安曇野の小鳥の声でさえずり中

撤収後、満開の菜の花畑を散歩、

双体道祖神に出会いました。
We had concerts in Nagano today.
It was a part of a big event called “Shinshu Flower Festival”.
We had a little walk after the concert.
It was a beautiful spring day!…

プロジェクト名:ストリングラフィ・アンサンブル「糸の森の音楽会」
主催:長野県松本市 大町市 塩尻市 安曇野市 公益財団法人都市緑化機構
第36回全国都市緑化信州フェア実行委員会事務局
エージェント:サイズプランニング(鎌田哲也)
出演者:水嶋一江、鈴木モモ、田實峰子、蓮見郁子制作:八重樫みどり
会場:国営明見の公演(堀金・穂高地区)あずみの学校・多目的ホール
時間:①「糸の森の音楽会」11:00 –11 :45
②「糸の森の音楽会」13:30 –14 :15
③参加コーナー「信州産シルクで作ったストリングラフィで小鳥の声を出してみよう!」14:15 – 14:45
観客:①約190名 ②約230名 ③約30名

 

信州産のシルク届きました!

4月23日(火)
「信州花フェスタ2019」でのコンサート「糸と森の音楽会」(5/12)で使用する、信州産のシルクが届きました!宮坂製糸所(長野県岡谷市)の皆様にお願いして、貴重な国産生糸(長野県産)で撚糸加工を手配していただきました!
「綛(かせ)巻」で届いたので、糸がこんぐらがらないように、台紙に巻き取ります。小さいころ母が毛糸のかせ巻を巻き取るとき幼稚園生だった私の腕またはソファーの背もたれを利用していたのを思い出し、パイプ椅子に腕役を担当してもらいました。
7巻も出来上がりました!どんな音色が生まれてくるのか、とても楽しみです!!。

繭の色の演奏会 Vol.29  Stringraphy Live Performance 2017

7月29日(金)July 29, 2017 (Fri.)


Stringraphy Live Performance 2017 Vol.29
We had audience from Kyusyu, Shizuoka and Tochigi as well as Tokyo area tonight. Thank you very much for coming!


雨の中たくさんの方に来ていただき感謝です。以前静岡県富士市で小学校公演を行った際お話しした、佐野先生が教え子の皆さんなど総勢8名でいらっしゃいました。みなさん、中学校時代に佐野先生のご指導でストリングラフィ演奏チームを作って活動された経験があるんです!観客参加コーナーでは、その中の1人、高校1年生の明日香さんが挑戦してくださいました。経験者だけにすてきな音色でしたよ!
今日はその他にも九州の子ども劇場の皆さま、栃木県鹿沼市のみなさんなど、遠来のお客様が多くみえました。


演奏後、富士市の皆様と歓談。車を仕立てていらしたという事で、時間を気にせずゆっくりお話しできました。前回お目にかかった時は中学生だった生徒の皆さん、現在は高校生となり寮生活を送っている方もいます。学校はバラバラになっても、佐野先生率いる「ハンドベル」の活動で週1回集まるそうです。皆さんリラックスしてとっても楽しそう。


佐野先生&教え子のみなさんと記念写真。

プロジェクト名:繭の色の演奏会 Vol.29  Stringraphy Live Performance 2017
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、鈴木モモ、KIKU
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:19:00 – 20:10
観客: 25名