繭の色の演奏会 Vol.28  Stringraphy Live Performance 2017

6月23日(金)June 23, 2017 (Fri.)

We premiered a new original composition called “A memory of Light” (2017) tonight.

<A Memory of Light – KIRA (2017)>
I composed “A Memory of Rain” in 2014. I expressed descending movements of rain drops.
I depicted the glisten of water drops staying on leaves.
They reflect the sun shine after the rain. It’s only a water drop, but sometimes as beautiful as a diamond.
I used “harmonics “to express the glitter.
I exercise my ingenuity in finding new texture of sounds on the Stringraphy by mixing “harmonics” and pizzicato.
Please find the glisten sounds on the Stringraphy!

今日は新作「光の記憶」(2017)を初演しました。
<プログラムノートより>
光の記憶 ― 綺羅 (2017 3月)
2014年に「雨の記憶」を創りました。雨だれをイメージした曲でした。
今回「光の記憶」では地上に降りた滴に光が入ってキラッと輝く様子をハーモニクスの音で描いてみました。葉っぱの上のしずく、雨上がりの陽の光を反射して宝石のようにきらめきます。
ハーモニクス、ピチカート、微妙な弱音のグラデーションを重ねてストリングラフィの音のパレットに新しい色彩を創り出しました。
高音で煌くストリングラフィの新しい音色をお楽しみください。

5 audiences from the U.S.A. came to tonight’s concert. We gave explanation in both Japanese and English.
今日は半分以上がアメリカ人のお客様。日本語と英語で解説中。


Photo with a Chinese family from California
We had a nice talk with them and found out that Mr. 張 and I graduated from the same school, University of California at San Diego!
What a nice coincidence!
アメリカから旅行中の張さんファミリー。なんと張さんは私が留学していたカリフォルニア大学サンディエゴ校のご出身であることが判明。住んでいたのも同じアパートメントでした。

繭の色の演奏会 Vol.27  Stringraphy Live Performance 2017

5月20日(土)May 20, 2017 (Sat.)
Sugamura Noboru sennsei, a professor of Kougakuin University (Department of Information Design) who is an expert in sound data processing, brought 7 students.

工学院大学情報学部情報デザイン学科管村昇教授がゼミの生徒さんを連れて参加してくださいました!


We had a Tea Time Discussion after the concert.
コンサート後は管村先生が差し入れてくださったおいしいシュークリームをお茶をいただきながら、学生さんたちと話しました。今どきの理系の学生さんとお話しするめったとない機会、刺激になりました!

We have been looking for silk strings which make better sound since we started the Stringraphy 25 years ago.
We have met many people who have been continuing to pour their efforts into Japanese silk industry and sericulture.
They strongly recommended us to apply for “Teimei Kougou Kenkyu Josei – Empress Teimei Memorial Grant” and do research on Japanese Silk String for the Stringraphy.
“Dainippon Sanshikai – The Dainippon Silk Foundation” held a board meeting in April and we passed it.
The research just has started now!

We asked Prf. Sugamura to collaborate with this research by making the Sound wave characteristic inspection.
He readily agreed to our request.
Today he introduced his students to the Stringraphy Ensemble.
Some of them might be interested in our research!

ストリングラフィ・アンサンブルでは長年シルクに関わってきた中で富岡製糸場、蚕糸科学研究所をはじめとする国産シルク業界の皆様とお話しする機会がありました。今年度 “貞明皇后蚕糸記念科学技術研究助成” をいただき「日本の蚕糸・絹業」に関わる皆様のご協力を得て「国産シルク」で理想のストリングラフィ絹弦の研究を行うことになりました。日本で生まれたストリングラフィを日本の絹で製作するというチャレンジです。管村先生には作成した絹糸と従来の絹糸の「周波数分析」を依頼、快諾していただきました。
研究の過程で学んだ国産シルクの科学・文化・歴史などをコンサートの中でご紹介するいう形でも「蚕糸・絹文化の継承」に貢献してゆきたいと思っています。

プロジェクト名:繭の色の演奏会 Vol.27 Stringraphy Live Performance 2017
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、鈴木モモ、蓮見郁子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:14:00 – 15:00
観客:16名
<プログラム>
アイネクライネナハトムジーク
はなみずき
お祭りマンボ
ジムノペディ
—-オリジナル曲—-
森の記憶
紫苑(「繭の色」より)
天鼓
茜(「繭の色」より)
パレード
カノン

「繭の色の演奏会」Stringraphy Live Performance Vol.26

5月15日(月)May 15, 2017 (Mon.)
A family from Brisbane, Australia visited the “Stringraphy Live Performance”.
Matt is an artist and Caro is a musician!
They brought their two year old boy, Bruno.

オーストラリアのブリスベンからやってきた、ファミリー。
通常「繭の色の演奏会」は6歳以上となっていますが、たまたま1組のお申込みだったので2歳のブルーノ君も参加。
アーティストもパパとミュージシャンのママと一緒にオリジナル曲も真剣に聴いてくれました。
太鼓のような音で構成された「天鼓」がお気に入り。
間髪を入れず「もう一度!」といってくれたので、もちろんもう一度弾きました!

Every one of us fell in love with your Bruno instantly!!
He showed great sensibility in sounds!
I was deeply impressed with him while he listened to the music.
His face was so expressive and sometimes thoughtful.

He especially likes percussive sound.
He said “Again!” as soon as we finish playing an original composition called “Tenko – Aerial Drum”
Of cause we played again.

繭の色の演奏会 Vol.25 Stringraphy Live Performance 2017

4月30日(日)April 30, 2017 (Sun.)

5名のベテランパフォーマーが揃ったコンサートは7年振りです。出産&育児でしばらくスタジオを離れていたネコちゃんが復帰し、「トカトカ」「サクラル」といったJAPANをテーマとしたオリジナルの大曲を再び演奏することができました。感激!

We played “Toka Toka””Sakuraru”, original compositions for 5 performers for the first time in 7 years. We need experience to play complicated long compositions. Neko-chan, one of our skilled performers was on childcare leave for 6 years. She returned to perform last year (with two little daughters). We felt very happy to play with her and play this music again!

プロジェクト名:繭の色の演奏会 Vol.25 Stringraphy Live Performance 2017
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、篠原もこと、鈴木モモ、KIKU、田實峰子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:15:00 – 16:10
観客: 28名

繭の色の演奏会 Vol.24  Stringraphy Live Performance 2017

3月24日(金)March 24, 2017 (Fri.)

Veronika, a pianist and a composer from Czech Republic is playing the Stringraphy. She played her original composition called “Choppasacaglia”for strings by her IPhone. I told her that her music is perfect for the Stringraphy. She later sent me the score by pdf. I hope we can exchange each other’s music by playing her music on the Stringraphy in the future!


チェコのピアニスト&作曲家ヴェロニカさん。ストリングラフィをたいへん気に入ってくださり、自作曲“Choppasacaglia”をIPhoneで聞かせてくださいました。弦楽器のアレンジでストリングラフィにぴったり!といってさわりを弾いて見せたところ、話が弾み後日スコアをpdfで送ってくださいました。将来ストリングラフィで演奏してYouTubeなどで交流したいです!


Thank you Jet for coming back to our studio with your friend!!
ロンドンから来日中のJetさん、音楽をやっているそうで、昨年初めてストリングラフィを聴きにいらっしゃいました。今日はお友達を連れて再訪。嬉しいですね!

プロジェクト名:繭の色の演奏会 Vol.24 Stringraphy Live Performance 2017
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、鈴木モモ、KIKU
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:19:00 – 20:10
観客: 4名