盛岡ツアー「糸の森の音楽会」 “Musical Forest “ (Morioka City in Iwate Prefecture)

8月30日(日)

本日朝7時45分、盛岡市キャラホール&都南文化会館に集合✨ 3月にコロナ自粛が始まって以降、半年ぶりのホール公演が実現します💓
We will finally have concerts today in Morioka City first time since March🌈
A shot in front of the Kyara Hall where we will perform today.
会館前の大木、根が張って歩道に敷いてある御影石の板を突き破っていました。東北人の秘めた粘り強さと情熱に思いを致しました。

朝8時リハーサル開始。観客の皆さんがロビーに溜まらないよう配慮し、会場は開演1時間前(10時)に設定✨
The door will open at 10: 00 an hour before the concert starts. The theater is very cautious about avoiding the situation audience could gather in the hall lobby.

衣装は鈴木モモ(写真右から2人目)デザイン💖そして全員マウスシールド着用!
こんなSFのような時代が到来するとは👽👽👽👽
The costumes designed by MOMO Suzuki.
I still feel like being a dream of some kind of SF story👽👽👽👽
We have never dreamed the situation we should wear mouse shields when we perform in public!!!

午前中のコンサート、当日券も出て予想超える人数のお客様が集まりました💖
Many people come and purchased tickets at the door today💖

大きなステージに現れた絹糸と紙コップ、光と音の不思議な世界🌟照明が木漏れ日のように子供たちの上に降り注ぎ「あっ腕に色がついてる🌈」と言う可愛い声も聞こえてきます。生のステージならではの醍醐味です😁
The Kyara hall has 1042 seats, but the theater closed the audience area, because they think having hundreds of people is too risky now considering COVID-19. They have created about 80 seats on the large stage. Audience were invited between the Stringraphy strings and enveloped by fantastic light. You can experience this only on the live stage!

ファミリーを中心とした観客層、みなさん、マスク着用にも慣れ、リラックスしてステージを楽しんでくださっています。
Many families enjoyed the concert. They look relaxed and enjoying their holiday in the theater!

ここでランチブレーク、今日用意していただいたお弁当です🍱「どんな時でも音楽がそばにある世界であってほしい・・・」メッセージ付きで大感激💓野菜中心🥬、少量多品目の優しい味付け、盛岡市方面でケイタリングを探している方、超オススメです(フード アトリエ)🍱

午後のコンサート、人気曲「パプリカ」の演奏が始まると、夏祭りの花火をイメージさせる照明+観客の手拍子で大いに盛り上がりました。
When we played “PAPURIKA”, extremely popular J-pop, the audience joined our performance by clapping hands! The lighting reminded me of fire works at the summer festival in my childhood.

参加コーナーの様子です💖「音楽家」の演奏に合わせて子供たちが、小鳥のさえずり声🐥を奏でました。

Children played birds’ chirping sounds with “Mountain Musicians” performed by the Stringraphy Ensemble. This is the most fun part of the program!

「糸の森」の絹糸には魔法がかかっています🧚‍♀️ 一本の糸から「きらきら星🌟」が紡ぎ出されます🧵
The silk strings🧵 on the stage are all under the charm. Beautiful melodies🎵 are hidden in each string🧵!

盛岡広域フィルムコミッションの多田さんがお嬢様とお孫さんを連れて見に来てくださいました🥰前述した2001年岩手県立美術館公演の際、音響&照明(株式会社アクト・ディヴァイス)を担当して頂いたご縁で20年近いお付き合いをさせていただいております💖

今回の事業を実現するにあたってはたくさんの方々のご協力がありました。当日お目にかかった盛岡子ども劇場の皆さま、集客にご協力いただきありがとうございました。盛岡では文化関係の皆様が連携を取り、協力して文化シーンの盛り上げていこうという情熱を感じました。こうした大人たちの背中を見て育った子供たちの中から、次世代の文化のリーダーたちが生まれ育ってゆくのだなぁと納得したのでした。
盛岡子ども劇場のFaceBookに「糸の森の音楽会」の記事を載せていただきました!

当日配布されたプログラム

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:公益財団法人 盛岡市文化振興事業団
共催:盛岡市岩手日報社
後援:岩手朝日テレビ
協力:盛岡子ども劇場
演奏者:水嶋一江、KIKU、鈴木モモ、田實峰子
制作協力:スタジオ・イヴ八重樫みどり
時間:①11:00 – 12:00 ②14:00 – 15:00
観客:①78名 ②58名

Meeting with Kaiko at a Meeting with!

1月15日(水)
We had a nice talk with Keiko who arranged Stringraphy’s Australia tour several years ago at a Melbourne style café in Shimokitazawa.
数年前に行われたストリングラフィのオーストラリアツアーをアレンジしてくださった恵子さんと下北沢にあるメルボルンスタイルカフェで新年会。次々とオーストラリアの方と思われるお客様が訪れていました。

クリスマス ティパーティ Xmas Tea Party

12月21日(土) December 21, 2019 (Sat.)

We had a Xmas tea party after the “Musical Forest” concert. LULU, the Cockatiel joined us. She found the best position as usual. She thinks she is like a star on top of a Xmas tree!
「糸の森の音楽会」の後は、1年間お疲れ様!の気持ちを込めて、クリスマスケーキを囲んでティパーティ。もちろんルル(オカメインコ)も参加しました。

糸の森の音楽会 Musical Forest

12月21日(土) December 21, 2019 (Sat.)

We had this year’s last concert today, “Musical Forest Xmas Special”!
Children wearing Santa Suits, hats and dresses are so cute.
I was touched by their parents’ affection.
2019年最後のコンサートは「糸の森の音楽会」。思い思いのクリスマスコーデでやってきたこどもたち、ご家族の愛情があふれ出ていて輝いています!
一方のメンバーの衣装、左手前KIKUがかぶっているサンタさんの帽子は、長年ストリングラフィをサポートしてくださっているIご夫妻が、ドイツのクリスマスマーケットで見つけて2日前に届けてくださった「本場もの」です!

Everybody had become happy to watch little girls dance with “PAPRICA” spontaneously!!
午後の部の「パプリカ」、立ち上がって自然に踊り出しちゃう女の子たち。素直なかわいらしさに、みんなニコニコ、ハッピーな気持ちになりました。

参加コーナーでは、子供も大人も賑やかにいろんな音を奏でました!

受付のXmasデコレーション。一番上は前出Iご夫妻のドイツ土産。一番下の赤いツリーは友人の淳子さんから送っていただいたゴティバのクリスマスパッケージですスタジオは本当にいろいろな方に支えていただいているんだなぁと改めて感謝!

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、KIKU、鈴木モモ、田実峰子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:①11:00 – 12:00 ②14:00 – 15:00
観客:①おとな14名 こども13名 ②おとな6名 こども6名

千葉県松戸市立和名ヶ谷小学校 芸術鑑賞会 School Concert at the Wanagaya Elementary School

11月15日(金)November 15, 2019 (Fri.)

和名ヶ谷小学校のみなさん、お返事がとてもいい子供たち!というのが第一印象です。「千葉県にはディズニーランドがありますね」と問いかけるとみんな大きな声で「はい!」、「糸電話でこんな曲が聴けるなんてびっくり、実はCDをかけていたと思った人もいたかな?」「はい!」こんなやりとりが続き、生徒の皆さんとの親近感が増していきました。

低学年コンサート。「ストリンビクス」という音楽に合わせて体を動かすプログラムの後、3年生男の子の一団から「あー楽しかった」と言う素直な声が。こういったリアクションに演奏者は励まされるものです!

「星野源の恋」「パプリカ」「忍たま乱太郎」などおなじみの曲では、元気に楽しく歌や手拍子、ダンスで参加。「恋」の身振りと手拍子を掛け合わせた掛け合いでは、子供たちの笑顔が素敵でした。

高学年の皆さんは、落ち着きの中に強い好奇心をきらめかせていました。

After the concerts, many teachers came up to the stage where we gave a mini workshop to the students. Teachers tried to make birds’ chirping sounds, frogs’ croaking, dogs’ barking and many other intelligible noises. It’s fun, isn’t it?!
ご担当の先生や校長先生も、ストリングラフィに興味を持ってくださいました。終演後には先生自ら体験コーナーで音を出して、ストリングラフィを実感しておられました。このように生徒さんと同じ体験をされると、鑑賞会後の話題の発展につながりますね!

体育館には歴代の卒業生たちの力作が展示されていて、私たちメンバーのひそかな楽しみとなっています。

2019年、今年は秋に入っても暑い日が続き、11月15日、従来「晩秋」と呼ばれていた頃になってやっと秋の風情が感じられるようになりました。和名ヶ谷小学校の校庭のここかしこにも「秋」を発見することができますね。

通学路には、理想的な雑木林が!子供の頃、こんな身近な自然を探検するのが大好きだったな!

和名ヶ谷小学校のホームページに鑑賞会の写真とレポートが掲載されています!(学校の様子11月)

プロジェクト名: 芸術鑑賞会
主催:千葉県松戸市立和名ヶ谷小学校
エージェント:重本音楽事務所
出演者:水嶋一江、KIKU、田實峰子
制作:鈴木モモ
会場:松戸市立和名ヶ谷小学校体育館
時間:①11:050 –11 :50 ②14:00 –15 :00
観客:①低学年生約334名 教職員 ②高学年生約334名 教職員