「糸の森の音楽会」 Musical Forest

9月21日(土)July 20, 2018 (Tues.)

“Why does Stringraphy make such a loud sound!?”

「どうして音が出るのかなぁ?」当たり前のようでいて、不思議です。

Small kids and their family sang the Seasons Song, such as “Momiji (Maple leaves)”” Donguri (Acorn Rolling Down)” with the Stringraphy music! Some kids began dancing with famous “Paprika “song!! CUTE!!

9月の「糸の森の音楽会」、「もみじ」や「どんぐりころころ」に合わせて歌ったり「パプリカ」では可愛いダンスも飛び出しました。

子どもたちに大人気の「いっちゃん」

ストリングラフィを発明した「ミィ先生」

スラっとした姿で演奏するスタイルはみんなのあこがれ、「ネコちゃん」

「あっ!大きな音が出たよ!」

いっちゃんの旗の合図で小鳥さんの音を出そう!

「山の音楽家」by ストリングラフィと大合奏!

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、田実峰子、蓮見郁子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:①11:00 – 12:00 ②14:00 – 15:00
観客:①おとな10名 こども7名 ②おとな3名 こども2名

キット作り  Mt. Fuji Kit Production Division

7月20日(日)July 20, 2018 (Sun.)

LULU-the-Cockatiel supervises the Mt. Fuji Kit Production Division from the top of the PAKIRA Tree.
ITO & MIO, the daughter of Stringraphy player-NEKO are important craft-girls as well as the adult performers.
ITO (fourth grade elementary school student) tutored KANA-bBUN (first grade elementary school student) in POKEMON GAME. ITO made the Pink “Shisa” (Okinawan lion statue placed as talisman against evil at entrances and on roofs) on the table.
コンサートの後は、ストリングラフィキット作り。演奏者の子供たち、今年全員小学生になり、たくさんお手伝いをしてくれます。4年生のITOちゃんは、大人よりも早く正確にモール2色を捩じることができるんですよ!

I am in charge of Kit Production Division, PYO! by LULU

From a LULU’S perspective. “A boy, girls, a “Shisa” and performers, everyone is working in harmony! Wonderful!!!” ”
“Actually, I want to get off from the tree now. Honestly saying I have acrophobia・・・・・・・・・・”

「糸の森の音楽会」 Musical Forest

7月20日(日)July 20, 2018 (Sun.)
We had a Musical Forest” today. Children, their family and a friendly Australian lady who loves contemporary music participated in our concert.
今年は7月20になっても梅雨が明けませんね。蒸し暑い中、音楽が大好きなファミリーと、オーストラリアから日本旅行中の現代音楽大好きの女性が参加しました!
「糸の森にはいろんな動物さんがかくれています。だれがでてくるかなぁ?わかったら一緒に歌ってください。」いっちゃんのトークで不思議な糸の森の世界へ誘われます。参加してくれた子どもたち、「くまだ!」「ぞうさん!」素早く動物に気が付き、一緒に歌ってくれました!

手前のアップルグリーンの額縁は先日コンサートに来てくださった東京都立光明学園の皆さんからのプレゼントです。タイトルはなんとなんと「糸の森」!「糸の森の音楽会」コンサートにぴったりです。

参加コーナーでは「小鳥のさえずり声」にチャレンジ!小さな子どもたちも自分の力で音の出し方を発見。目を輝かせて演奏してくれました。


午後の会には4組のファミリーが集まりました。「大きな音が出る仕組み」とっても不思議で面白い実験なので、全ファミリーに糸とコップに触れて体験していただきました。


「ぐーチョキパーで何作ろう」などの手遊び歌では大人も子供も楽しく参加。赤ちゃんもハイハイでノリノリでした。

ストリングラフィのコンサートは四方八方から音楽に包まれる、音のゆりかごのような体験です。ふか~~い眠りに落ちるボクも。わかります、その気持ち!

最後は「山の音楽家」を子供たちの小鳥のさえずり声と合奏。

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、田実峰子、蓮見郁子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:①11:00 – 12:00 ②14:00 – 15:00
観客:①おとな3名 こども3名 ②おとな6名 こども6名

arTeaTreaT主催コンサート下見 東京リハビリテーションセンター世田谷(地域交流スペース)

7月8日(火)
7/30(火)13:30-15:00に企画していただいている、ストリングラフィ・コンサート&体験コーナーの下見で、会場の東京リハビリテーションセンター世田谷、地域交流スペース(1F)を訪れました。
企画は「arTeaTreaT」のみなさん。これはアート&イート&トリートをキーワードに、イベントやWSを通じて「病気や障がいを抱えるお子さんとそのご家族」と「同じ地域に暮らす人々」が一緒に、居心地がよくてご機嫌な時間を過ごそうという事業です。「arTeaTreaT」の見城佐知子さん、海野千賀さんと

LULU presents arTeaTreaT Stringraphy Concert!

「信州花フェスタ2019」ストリングラフィ・アンサンブル「糸の森の音楽会」

5月12日(金)
「母の日」の今日、「信州花フェスタ2019」に参加。菜の花畑にほど近い、あずみの学校・多目的ホールで演奏会「糸の森の音楽会」を催しました。
安曇野の木々と小川に囲まれた「あずみの学校」、地元の木材を生かしたノスタルジックな雰囲気の建物です。素朴で自然な響きがストリングラフィの演奏にピッタリマッチ。予想を大きく上回るお客様が参加してくださいました。
参加コーナーでチャレンジしてくださった男の子のリアクションが初々しくて会場中にほのぼのとした雰囲気に包まれました。

「信州花フェスタ」のコンセプトに呼応して、今回「花は咲く」を新しくレパートリーに取り入れ、アンコールで演奏させていただきました。美しい曲ですね。私事ですが4か月前に父を亡くしたばかり、「今はただ なつかしい あの人を 思い出す」の一節では自然に感情がのってしまいますね。音楽には記憶を蘇らせてくれる力があると聞きますが、実感しまています。

「参加コーナー」ではストリングラフィ27年の歴史始まって以来初めての試み、日本産(宮坂製糸所製作:上伊那産、錦秋×鐘和という品種の繭からとられた生糸で制作した穴糸)の絹糸でストリングラフィを製作、鳥のさえずりにチャレンジしました!

「山の音楽家」の演奏に合わせ、参加者の皆さんが信州産ストリングラフィで安曇野の小鳥の声でさえずり中

撤収後、満開の菜の花畑を散歩、

双体道祖神に出会いました。
We had concerts in Nagano today.
It was a part of a big event called “Shinshu Flower Festival”.
We had a little walk after the concert.
It was a beautiful spring day!…

プロジェクト名:ストリングラフィ・アンサンブル「糸の森の音楽会」
主催:長野県松本市 大町市 塩尻市 安曇野市 公益財団法人都市緑化機構
第36回全国都市緑化信州フェア実行委員会事務局
エージェント:サイズプランニング(鎌田哲也)
出演者:水嶋一江、鈴木モモ、田實峰子、蓮見郁子制作:八重樫みどり
会場:国営明見の公演(堀金・穂高地区)あずみの学校・多目的ホール
時間:①「糸の森の音楽会」11:00 –11 :45
②「糸の森の音楽会」13:30 –14 :15
③参加コーナー「信州産シルクで作ったストリングラフィで小鳥の声を出してみよう!」14:15 – 14:45
観客:①約190名 ②約230名 ③約30名