美音ちゃんプレゼン「ミャンマーの音楽教育支援とストリングラフィ」

8月20日  August 20, 2018(Mon.)
ストリングラフィのレッスンに訪れたMionちゃん。高校2年の夏休みに受講したFASID「一般社団法人 国際開発機構」http://www.fasid.or.jp/home/主催、国際開発プログラムで見事「個人プレゼンテーション」の部優秀賞を獲得しました!(最終的にプログラムを修了したのは49名、そのうち受賞者は最優秀賞1名、優秀賞5名、審査員特別賞1名の計7名。修了するだけでも大変価値のあるプログラムだそうです。)
Mionちゃんの選んだテーマは「ミャンマーの音楽教育支援とストリングラフィ」。ミャンマーでは公的な音楽教育がスタートしてまだ1年、ミャンマーの伝統楽器も長く続いた政治的混乱の中で手に入りにくい物となっているそうです。ストリングラフィを用いて身近な素材で音楽を学び、その発展形に民族楽器や音楽を位置づけるという内容で発表したそうです。
現代の若者ならではの視点、すばらしいですね!!

広告

スタジオに高校生集結

8月13日(月) August 13, 2018 (Fri.)
Three high school students got together at the Studio EVE today.今日はスタジオに3名の高校生の皆さんが集まりました。

Mion chan is leaning the Stringraphy since last year.
Two boys have just arrived from KUMAMOTO. (Students of the National Institute of Technology, Kumamoto College) They took a ferry from Kumamoto to OSAKA, then rode bicycle from Osaka to Tokyo!ストリングラフィのレッスンをしている千葉県のMionちゃん、熊本からやってきた30年来の友人の息子、Yuzenくんと親友のしんちゃん。お二人は熊本高専の同級生だそう。なんと、熊本からフェリーで大阪へ来て、大阪東京間を自転車で走り抜けてきたんだとか!

ストリングラフィ初体験の熊本チームに、Mionちゃん&KIKU&水嶋チームが演奏を披露。(「春」「カノン」「大きな古時計」)Mionちゃん人前でストリングラフィを演奏するのは初めてながら、堂々とした表現でした!

Feature articles were posted on LIVE JAPAN

LIVEJAPAN

Stringraphy at Studio EVE: A Striking and Unique Musical Experience

Update: 23 June 2017

Have you ever imagined being right inside a musical instrument, surrounded by song? I visited Studio EVE in Tokyo’s Daitabashi neighborhood and was able to experience this very feeling by attending a Stringraphy workshop. A beautiful melting of music, art, and movement, Stringraphy is an original concept that while born in Japan, has already made waves across the globe in its 25 years of existence. During the workshop, I had the chance to meet the members of the world-renowned Stringraphy Ensemble, enjoy a performance, and even try my hand at making my own string music.

read more
https://livejapan.com/en/in-shibuya/article-a0001201/

NTT Atsugi Research Centre Open Day “Musical Forest” NTT厚木研究センタ 一般公開2017 「糸の森の音楽会」

4月22日(土) April 22, 2017 (Sat.)

“NTT Atsugi Research Center” in one of the most important research Center famous for cutting-edge research on the network environment and the communication environment in Japan. Only authorized personnel can enter there. Many people are looking forward to visiting there on the Open Day only held once a year during “science technology week including the Invention Day” (4/17~23).
They organized many science workshops for children’s. “Stringraphy Concerts” were only performing art in today’s project. I talked about the excitement of invention and the importance of the importance of being original and creative at the concerts.


先端開発研究を行っている「NTT厚木開発センタ」。普段は立ち入ることのできない施設ですが、毎年一度発明の日を含む科学技術週間中(4/17~23)に一般公開イベントを開催しています。毎年この日を待ちかねたようにたくさんのファミリーが訪れます。今年はこのワクワク企画に「ストリングラフィ」が登場しました。「サイエンス」「発明」がテーマとなったイベントなので、「ストリングラフィ」を題材に「音」「楽器」のサイエンス、そしてオリジナルりてぃ・クリエイティビティ・発明の醍醐味についても、やさしいことばで子供たちに伝えました。
3回のコンサート熱心なファミリーがたくさん集まりました。

プロジェクト名:NTT厚木研究センタ 一般公開2017「糸の森の音楽会」
主催:NTT厚木研究センタ
出演者:水嶋一江、鈴木モモ、田實峰子、蓮見郁子
制作:八重樫みどり
会場:NTT厚木研究センタホール
時間:① 11:00 – 11:45 ② 13:00 – 13:45 ③ 14:30 – 15:45
観客:①303名 ②226名 ③165名 (合計694名)