初めての芸術との出会い「はじめてのストリングラフィ・コンサート」 

10月1日(土)

プロジェクト名:はじめての芸術との出会い 「はじめてのストリングラフィ・コンサート」

主催:NPO法人子ども文化コミュニティ

出演者:水嶋一江、篠原もとこ、KIKU (制作:八重樫みどり)

日時:10月1日(土)11:00開演

会場:九州産業大学2号館1Fオープンスペース

参加費:500円

定員:30組 (対象年齢:2~3歳までの子どもと保護者)

大学生の皆さんが作った、手作りポスターが参加者を出迎えます。

今回のプロジェクトは、九州産業大学とのコラボレーションということで、会場を使用させていただくことにとどまらず、博物館のキュレーターを目指して勉強中の大学生のチームが、会場づくりなどの面からコンサートをサポートしてくださいました。

会場の「オープンスペース」はガラス張りの弧を描いた壁面から芝生を見渡せる開放的な空間です。太陽の光と緑に包まれ、温かみを感じさせる、キッズプログラムに打って付けのチョイスでした。

対象年齢の2~3歳児の中には場所みしりをしてしまう子供もいます。雰囲気になじんでいただくためちょっとした工夫をしました。

下の写真はコンサート開始15分前に演奏者が会場に入り、風船電話など遊びを通して子供たちにリラックスしてもらっている場面です。

いよいよコンサートのはじまりはじまり!

全員がストリングラフィは初体験とあり、モーツアルトの「アイネクライネナハトムジーク」の演奏にびっくり。

小鳥の声、ネコちゃん、ワンワン、かえるくんなど動物たちの鳴き声が次々に登場する「童謡メドレー」は大人気です。

いろいろな音が登場する毎に、「小鳥さんだ!」「コップに虫がいる!」など、元気でかわいらしいリアクションが返ってきます。

コンサートの最後は参加コーナーです。

お母さん&お父さんと一緒にいっぱい「音」を出して遊びました。

コンサート後は、参加してくださった学生の皆さん、地元のアーティストの方々と質疑応答の時間が設けられました。

今後地元のアーティストの方が、今回のようなプロジェクトを継続していくための勉強会の意味合いも込められていました。皆さんから活発な質問が出て、主体的にコンサートにかかわってくださっていることに感銘を受けました。

このように文化系のNPO法人が、地元の大学や人材とネットワークを結びながらイベントを開催していくことは、文化活動を定着そして拡大していく上で、欠かせない発想だと実感しました。

コンサート終了後、主催者の「NPO法人子ども文化コミュニティ」のみなさんと記念撮影。素晴らしいプロジェクトだったので、今後も継続されることをお祈りしてお別れしました。

広告

「はじめてのストリングラフィ・コンサート」 のり&仕込

9月30日(金)

明日の公演の仕込みで福岡へ。

メンバーは篠原&KIKU&八重樫&水嶋の4名。

10:30の羽田発ANAで福岡空港経由、九産大前へ。

明日の会場、九州産業大学2号館1Fオープンスペースでセッティング&リハーサルを行いました。

終了後は主催者のNPO法人子ども文化コミュニティと博多の美味しいものを囲んでゆっくりお話しすることができました。

九州産業大学は素敵な大学ですね。博多からのアクセスも良いし、おしゃれで素敵なキャンパスに、メンバー全員うっとり。もう一度学生に戻りたい!と叫んでいました。

momolabo vol.2

9月25日(日)

プロジェクト名:momolabo vol.2

出演:川村亘平(ガムラン)、シューヘイ(音響)、鈴木モモ(ストリングラフィ)、篠原もとこ(ストリングラフィ

場所:スタジオ・イヴ・スタジオ

時間:19:30~20:30

料金:1500円

メンバーの鈴木モモが企画している”momolabo”の第2弾です。今回はガムラン奏者の川村亘平さんをゲストにお迎えしました。

音響を担当してくださったシューヘイさん。前回に引き続き2回目のコラボです。素敵な音を作ってくださるので、私、水嶋もファンです。

即興を主体としたセッションが行われました。

東京都目黒区平塚幼稚園 下見

9月26日(月)晴れ

11月11日に平塚幼稚園でコンサートを行います。

園児216名、保護者+職員約250名がご覧になるということで、下見に伺いました。

実は私たちストリングラフィは、平塚幼稚園にたいへんお世話になっているのです。アンサンブルを結成した当時、稽古場がなく、園のスペースを貸していただいて練習していたのです。そのご縁で15年前、10年前と2回コンサートをさせていただきました。今回は平塚幼稚園での3回目の今サーtになります。

というわけで、11月11日ががとっても楽しみです!

会場は福島県にあった小学校の木造校舎を移築したという、すてきな建物です。こんな環境で幼児期を過ごせたら、想像力豊かな子供に育つのではないでしょうか。

今回は子供、大人含めて最大500名の観客が予想されます。幼稚園としては最大規模なので、どのように楽器を設置したら全員に見やすく、楽しんでいただけるか、検討しているところです。

糸の森の音楽会

9月23日(金)

毎月恒例の「糸の森の音楽会」。

コンサートが始まるまで、演奏者がこどもたちと遊びを通じて、コンサート会場の雰囲気に馴染んでもらったいます。

親子でフロアに座ってゆったりと音楽を楽しんでくださいね!

楽器の中に入って前からも後ろからも上からも、絹糸の振動に包まれるような体験です。

人気の参加コーナーです。