BANKARTへ寺田忍作品を観に行きました。

6月23日(木)

BANKARTで開催中の展覧会で寺田忍氏が制作&展示中なので観に行ってきました。7月30日&31日のスタジオ・ライヴで彼の作品とコラボレーションをする予定です。

包帯を素材とした作品。服の形になっています。寺田さんはこの作品を着用してパフォーマンスも行います。

作品の断片をストリングラフィ奏者の衣装に着ける計画も進行中。包帯だからよく伸びま~す。

広告

神奈川県川崎市立生田小学校 音楽鑑賞会

生田小学校は急な坂道を登った山の上にあります。実は私、水嶋も中学高校時代をお隣、西生田にある日本女子大学付属中高で過ごしたので、登り坂のきつさに当時のことを思い出しました。体育館の窓から見える豊かな緑など、学校の周りの風景に懐かしさがこみ上げてきました。

廊下のサイン

音楽が大好きなこどもたちでした。特に5、6年生の素直で好奇心に満ちた様子が印象的でした。上級生がしっかりしている学校は、下級生も落ち着いていますね。

6月23日(木)

事業名:音楽鑑賞会

主催:神奈川県川崎市立生田小学校

エージェント:(株)重本音楽事務所

演奏者:水嶋一江、篠原もとこ、KIKU

制作:八重樫みどり

場所:生田小学校 体育館

時間:11:00~12:00

観客:全校生徒約450名、教職員、保護者

仕込み:当日

震災チャリティCD録音

6月19日(日)

坂野一郎氏(Vegetableman studio)が多彩なアーティストに声をかけて「震災チャリティCD」を製作しています。私たちストリングラフィ・アンサンブルも「森の記憶」の演奏で参加させていただくことになりました。1枚2000円の売上金はすべて日本赤十字社を通じて被災地に寄付されるそうです。秋ごろには発売の予定。

PCとマイク1つでなかなか良い音質の録音ができました。あまりにコンパクトな機材に感銘を受けてしまいました。

アジア友好婦人会貸切ライヴ

アジア友好婦人会の皆様がストリングラフィのスタジオへいらっしゃいました。

モンゴル大使夫人が皆様を代表してストリングラフィの演奏にチャレンジしてくださいました。美しくて気さくな方でした。

アジア友好婦人会の皆さんは文化度が高く、初めてご覧になるストリングラフィに興味津々。たくさんのご質問をいただきました。日本を代表する曲として雅楽の「越天楽」を演奏したのですが、なんとお客様の中に東儀秀樹さんのお母様(雅楽師)もいらっしゃったのです。ライブが終わった後にご紹介いただきました。

婦人会の方々から素敵なお花をいただきました。今後も日本生まれの楽器として頑張っていかなければと、元気をいただきました。ありがとうございました。

6月20日(月)

プロジェクト名:アジア友好婦人会貸切ライヴ
主催:アジア友好婦人会
演奏者:水嶋一江、篠原もとこ、KIKU、蓮見郁子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ・スタジオ
時間:14:00~15:30
観客:約32名

カノラホール友の会 会報誌「ソサエティ」取材

6月17日(金)

10月2日にストリングラフィ・アンサンブルを企画していただいている、長野県のカノラホールから取材のため担当者の方が2名みえました。カノラホール友の会の会報誌「ソサエティ」に掲載していただけるそうです。

実際にストリングラフィで音を出し、体験していただいています。