「繭の色の音楽会」→「発表会」→そして打ち上げ!

3月23日(土)
ストリングラフィの演奏者、プロデューサー、今レッスンを受けている人、かつてレッスンを受けた人、そしてまた始めようかと思っている人、長年のファンの方、メンバーの家族、ストリングラフィを支えてくださっているみんなが大集合しました!

広告

After Concert ミュージックベルとストリングラフィの発表会が行われました!

3月23日(土)

「繭の色の音楽会」に、静岡県富士市から参加してくださったミュージックベルのグループ。

コンサート後に「花は咲く」などの演奏を披露してくださいました。

昨年思いがけずガンに罹った闘病した水嶋へ、音楽のプレゼントを届けに来てくださったのでした!感激です。

「繭の色の音楽会」後、ストリングラフィを研究&演奏している高校生のMionちゃんが「春」「アイネクライネナハトムジーク」を演奏。若々しく疾走するクラシックの名曲でした。

発表会のオオトリは「ファーム」チーム。「365日の紙飛行機」「A Song for Japan」の2曲を息の合った演奏で披露しました。「A Song for Japan」はストリングラフィにとって特別な曲です。ベルギーのトロンボーン奏者S.フェルヘルスト作曲。東日本大震災の鎮魂歌。著作権フリーで様々な楽器でのアレンジで演奏され、音楽で被災者の皆様を応援しようという試みが続いています。ファームにも福島県いわき市出身のメンバーがおり、毎年3月に「A Song for Japan」を演奏することが恒例となっています。とても美しい曲です。チームリーダーでアルト担当のBUNKOさんをはじめ、3人黒地にホワイトドットのシャツでコーディネート。

ソプラノ担当スズブンさん

ベース担当KIMIKOさんはピアノ&チェロも先生レベルのマルチタレントの持ち主です。

最後に集合写真!

「繭の色の音楽会」 Stringraphy Live Performance 2019

3月23日(土)

半年ぶりの「繭の色の音楽会」、48名のお客様が集まり大盛況でした。演奏者のテンションも上がります。
ネコちゃんのソプラノも板についてきました。1996年ストリングラフィ・アンサンブル結成以来水嶋がソプラノを受け持ってきましたが、次世代の成長が楽しみです。
「森の記憶」「Angel of Rain」「紫苑」「天鼓」「青磁」など、オリジナル曲もお楽しみいただきました。

プロジェクト名:「繭の色の音楽会」
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:水嶋一江、KIKU、田実峰子
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:15:00 – 16:20
観客:48名

「糸の森の音楽会」 Musical Forest

3月21日(木)(春分の日)
「ぐーちょきぱーで何作ろう」毎回何が飛び出すか楽しみなレパートリー。今日はみんなで飛行機になって春の空を旋回しました。

「ストリングラフィ」どうして大きな音が出るのかな?子供も大人も紙コップのスピーカーパワーにびっくり!

コンサート最後は、みんなで「糸の森」に遊びに行って小鳥のさえずり声を奏でました。小さな子どもたちも、いっちゃんの指揮に集中して、上手にアンサンブルができましたよ!

こちらの赤ちゃんは、この月齢で「糸の森の音楽会」2回目のリピーター。コンサート後は隣のお席のすてきな女の子に「あーあーうーうー」と感想を述べました。

プロジェクト名:糸の森の音楽会
主催:スタジオ・イヴ
演奏者:田実峰子、水嶋一江、蓮見郁子、
制作:八重樫みどり
場所:スタジオ・イヴ
時間:①11:00 – 12:00 ②14:00 – 15:00
観客:①おとな11名 こども8名 ②おとな11名 こども11名

川崎市市民ミュージアム 下見&打ち合わせ

2月19日(火)

今年の大型連休の前半の4月28日(日)、川崎市市民ミュージアムのエントランスにストリングラフィ・アンサンブルが登場します。
企画展「岩合光昭写真展 ねこづくし」(2019年4月23日~6月30日)、同時開催される「ZooとArt(ずーっとあーと) 色とカタチのどうぶつ展」(2019年4月13日(土)~6月30日(日))「動物」をテーマにした展示の内容に合わせ、ストリングラフィの「糸の森」からいろいろな動物の歌&鳴き声が飛び出します。本日はスタッフの皆さんと下見&打ち合わせを行いました。
エントランス「逍遥展示空間」の迷路のようなフロアデザインと吹き抜けの美しい響きで、川崎市市民ミュージアムでしか体験できない不思議で楽しい参加型コンサートになりそうです!!